« ブロムシュテット/バンベルク響(2016/11/03) | トップページ | 下野竜也/東京シティ・フィル(2016/11/06) »

2016年11月 5日 (土)

ヤング/東響(2016/11/05)

2016年11月5日(土)18:00
サントリーホール

指揮:シモーネ・ヤング
東京交響楽団

(第646回 定期演奏会)
チェロ:アリサ・ワイラースタイン

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番~サラバンド
(アンコール)
ブラームス:交響曲第4番

手放しで絶賛とはいかないものの、聴き応えのある演奏でした。
いや、いろいろなことを考えさせられた演奏だったかもしれません。

まず、前半のドヴォルザークでは、冒頭で鳴ったオケの音を聴いて、あ、こりゃ、スッキリ爽快系では?と思いました。
ドヴォルザークの土俗的な(民俗的と言った方が良いのかな?)ニュアンスはどこかへ行ってしまい、スタイリッシュでモダンなサウンドになってしまっています。
「なってしまっています」と書いたのは、私は個人的な好みとして、あまりこういう方向のドヴォルザークは好きではないので…。

そうは言っても、ソリストも指揮者もそういう方向であれば、それなりに首尾一貫した演奏になる…はずですが…。
指揮とオケの間に若干の距離感を感じたのは私の気のせい?
指揮者が豪腕で煽っても、素直にオケが反応しなかったように感じたのは気のせい?
ヤングさんの指揮は一見、豪腕、でも実は細くて、かなり微細に構築している印象。
ただ、ところどころで煽りを入れるのが、うまくいけばいいのですけれど…。

チェロ独奏のワイラースタインも、基本的にオケ(指揮)と同系統のスッキリ系に感じました。
音像がスリムでクッキリというのは良いとして、ソロのアンコールになると、微妙に音の傾向が変わったように(倍音多めに??)感じたのも私の気のせい?
協奏曲は指揮の意向(威光)に従っていたのか???

ちょっともやもやした気分で休憩時間を過ごし、後半のブラームスへ。
こちらは、前半よりも良かったです。
音の練り上げも、指揮への追従も。

引き締まった力強いサウンドに透明感すら感じる音で、音の溶け合いは美しい。
時折見せる加速を伴った高揚(←“煽り”とも言う)は、オケの追従が完璧ではなかったかもしれませんが、全般的には満足度は高い。
晩秋の哀愁とか、人生の黄昏とかを感じさせない、有る意味、情熱がほとばしる若々しい第4番だったかもしれません。
そういう意味ではストレート過ぎる感もありましたが(←マーラーのように屈折しろとは言いませんが、微妙に「素直すぎない?」と)、指揮は大味でもなく配慮が細部に行き届いた演奏。
ただし、東響との相性は不明…。

なんとなく、ですが、終演後のカーテンコールでも、東響の皆さん、目も顔も、あまり笑っていないんですよね。
こわい女傑に従ってはいたものの、敬愛してはいないような???

この後、オペラもあるのですが、どうなりますことやら。

201611051

201611052

201611053

201611054

|

« ブロムシュテット/バンベルク響(2016/11/03) | トップページ | 下野竜也/東京シティ・フィル(2016/11/06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64449440

この記事へのトラックバック一覧です: ヤング/東響(2016/11/05):

« ブロムシュテット/バンベルク響(2016/11/03) | トップページ | 下野竜也/東京シティ・フィル(2016/11/06) »