« 下野竜也/東京シティ・フィル(2016/11/06) | トップページ | 日生劇場「後宮からの逃走」(2016/11/12) »

2016年11月12日 (土)

飯守泰次郎/東響(2016/11/12)

2016年11月12日(土)11:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:飯守泰次郎
東京交響楽団

(モーツァルト・マチネ第27回)
ソプラノ:森麻季

モーツァルト:交響曲第1番
モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」(エクスルターテ・ユビラーテ)
モーツァルト:交響曲第29番

第29番の第3楽章から、さらに切れ味が増した印象もありましたが、ミューザの1階席の芳醇な音響の至福に包まれた体感。
オーケストラは、全般的にビブラート控え目のようですが、スダーン監督のようなピリオドの印象とは少し違います。
さすがにティンパニも入らない編成ですし、飯守さんのお名前から想起する重低音はありません。
それでも、第1番も含めて、随所にえぐるような切り込みを加えていた指揮で、それに東響がそれなりに追従したものの、前述のように、ミューザの音場も相まってふくよかな響きの印象が強い。

この日は森麻季さん目当てのお客さんが多めだったような拍手。

森麻季さんの声は、最初のうちは、所々、高音ギリギリ…と感じてしまう場面もありましたが、美声であることこの上なく、尻上がりに声が伸びるようになっていった印象。
オケも含めて、11時開演というのは多少のハンディでしょうか?
飯守さんも、1曲目の後の拍手で、オケを立たせませんでしたが、これはお忘れになった??…のかどうかは不明です。

201611121

201611122

|

« 下野竜也/東京シティ・フィル(2016/11/06) | トップページ | 日生劇場「後宮からの逃走」(2016/11/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64483325

この記事へのトラックバック一覧です: 飯守泰次郎/東響(2016/11/12):

« 下野竜也/東京シティ・フィル(2016/11/06) | トップページ | 日生劇場「後宮からの逃走」(2016/11/12) »