« ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン「ラインの黄金」(2016/11/20) | トップページ | デュトワ/N響(2016/12/17) »

2016年11月25日 (金)

ラザレフ/日フィル(2016/11/25)

2016年11月25日(金)19:00
サントリーホール

指揮:アレクサンドル・ラザレフ
日本フィルハーモニー交響楽団

(第685回東京定期演奏会)
ヴァイオリン:郷古廉

【ラザレフが刻むロシアの魂 Season IV グラズノフ1】
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
グラズノフ:交響曲第5番(休憩時間に帰ったので未聴)

個人的に色々ございまして、自粛すべきか否か、ギリギリまで迷いに迷った演奏会。
折衷案として、前半だけ聴いて帰ることにしました。

「ラザレフさんのショスタコーヴィチ」と「郷古さんが弾くショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番」という文字列を見ただけで、これはパスするわけには行きませんでした。
そして、その期待は裏切られませんでした。
グラズノフに後ろ髪を引かれながらホールを後にするときも、一応、半分以上は満ち足りた気持ちでした。

第1楽章は、あれ?ちょっと健康的過ぎませんか?美しすぎませんか?という印象もあったヴァイオリン独奏。
第2楽章でラザレフさんが本性を現して?猛然とオケを鳴らしてから、郷古さんのスイッチが入ったように気迫みなぎる演奏へ。

手加減しない猛将ラザレフ。
それに立ち向かう屈強の若武者。
互角に近い名勝負の様相。

あるいは、千代の富士が大関に上がる直前の、北の湖対千代の富士(古くてすみません)が頭に浮かんだりして。

気迫の長いカデンツァは息詰まる迫真の凄演。
さすがに長大なソロの後で少し息が切れたのか、第4楽章の冒頭は若干荒っぽくなりかけましたが、すぐに立て直すあたりは、若いのに既にもう長いキャリアを積んでいる経験の賜物でしょうか。
猛将と若武者の対決、聴き応え十分でした。

若手イケメンのヴァイオリン奏者の中では、テクニック(だけ)をひけらかすような印象が無いので、私は郷古さんにはかなり好意的な方です。
よって、多少、感想にバイアスがかかって、ひいき目になっているかもしれません。

郷古さんの出番が終わったら帰るのはイケメン若手奏者のファンのご婦人の行動パターンのようで気がひけましたが、お許し下さい。

20161125

|

« ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン「ラインの黄金」(2016/11/20) | トップページ | デュトワ/N響(2016/12/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64543071

この記事へのトラックバック一覧です: ラザレフ/日フィル(2016/11/25):

« ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン「ラインの黄金」(2016/11/20) | トップページ | デュトワ/N響(2016/12/17) »