« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の2件の記事

2017年1月29日 (日)

下野竜也/N響(2017/01/29)

2017年1月29日(日)15:00
NHKホール

指揮:下野竜也
NHK交響楽団

(第1855回 定期公演Aプログラム)
ヴァイオリン:クリストフ・バラーティ

マルティヌー:リディツェへの追悼(1943)
フサ:プラハ1968年のための音楽(管弦楽版)(1969)
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番~第4楽章
(アンコール)

前半2曲は、プログラム冊子に記載されている作曲の背景、時代の背景などが色濃く反映されているとは言え、いったん音楽として昇華されたからには、音楽それ自体が強烈な力をもつということを体感します。
マルティヌーは、慟哭などは通り越した後の、達観のような祈りを感じさせる曲。
フサは、まさに激しい感情をありのままに爆発させたような曲。
そういう感じ方が適切かどうかはわかりませんが…。

かつて下野さんが別のオケのプレトークで「私たちの方から、こういう風に聴いてくださいなどと申し上げるのはおこがましいことで、お客様それぞれが自由に感じていただいて構わないのです」とおっしゃっていたのを思い出します。
この世の強烈な事象を、普遍化された音楽として、そのパワーを感じながら聴く体験でした。

休憩をはさんで、後半のブラームス。
前半のちょっとメタリックな音色からオケの音は一変、N響伝統のドイツ音楽のしなやかで香しいブラームスにふさわしい音色に…。
下野さんは煽らず堂々たる横綱相撲のような王道の演奏です。

ソロのクリストフ・バラーティさんは、出だしの音が、あれ?ただ強いだけじゃん(一本調子?)と思いましたが、曲が進むにつれて、多彩な美音を駆使した音の音パレットが感じられるようになってめでたし、めでたし。
カデンツァや、終楽章など、多彩な音色を駆使した絶妙の音と言って良いでしょう。
「N響定期で聴くブラームス」クォリティの演奏でした。

アンコールも多彩な音を駆使しためくるめく演奏。
ソリストアンコールの後、どこで拍手を終えればいいのかな?と思いましたが、最後は下野さんも出てきて、楽団員さん起立で通常通りに終了。

指揮者も「40、50は鼻たれ小僧」が一般的かもしれませんが、下野さん、もう「期待の若手」の扱いでは無く、天下のN響の定期演奏会を任せられる指揮者です。

20170129n1

20170129n2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

新国立「カルメン」(2017/01/28)

2017年1月28日(土)14:00
新国立劇場

ビゼー:カルメン

ビゼー作曲、歌劇「ドン・ホセ」…と言いたくなるような壮絶な幕切れでした。
ドン・ホセ役のマッシモ・ジョルダーノさん、第1幕から好印象でしたが、最後の第4幕では完全にスイッチが入っちゃって、私の印象としては、最後に一人でかっさらってしまったような…。

まず、第1幕ですが、まだ完全にヒートアップしてはいないのかな?と思いました。
事実、第2幕以降を観るとそうだったようです。
それでも、音響的な融合感が半端ではありません。
オケの繊細な音と舞台上の歌手(合唱、独唱)の声が、ミキシングのコントローラーを通した音のように見事にバランスを取って溶け合う。
もちろんコントローラーを操作したのはマエストロ・イヴ・アベルで、道具は棒1本のみです。

イヴ・アベルさんの手腕はこれまでも体験済みですが、
これまでに聴いたのは「蝶々夫人」「椿姫」のイタリア・オペラでしたが、フランスものでも絶妙に鳴らす。
今回は、いきなり、なんとも香しい香りのような「場」を出現させました。
これまでは4階席ばかりで、今回、ようやくピットのマエストロが見える席を買いました。
細かい指示、時に流麗、時にしなやか、時に力強いですが、魔法の棒と言うよりは、究極の職人芸の印象です。

カルメンは…。

まあ、始まって間もないうちに、出て来ていきなり、超有名曲を歌うのは大変かも…と思いました。
それは、バックの合唱も含めてです。
ハバネラ(恋は野の鳥)が終わった後、ステージ上の全員の硬さが取れたように感じたのは私の気のせい?

第2幕ではさらに、舞台上の、特にカルメンに硬さが取れ、魔性の女の雰囲気や凄みが感じられるようになった印象。
やはり幕が進むに連れて手に汗握るような音が出るようになっています。
ドン・ホセも引き続き好演。
バックのコーラスも好演。
マエストロ・イヴ・アベル、期待通り、素晴らしい。

エスカミーリョは…。

まあ、第2幕が始まって間もないうちに出て来て、いきなり超有名曲を歌うのは大変かも…と、また思いました。

2回も、2役で、そんなことを感じるのは…。

第3幕のミカエラの砂川涼子さんが大熱演で素晴らしい。
オペラのタイトルを「ドン・ホセとミカエラ」としてはどうでしょう?と言うくらい。
時折、正面を向いて棒立ちになる瞬間があるのは演技面でさらにブラッシュアップの余地があるようにも思えますが、まずは“歌”ですから、私は好意的に見ました。

第3幕と第4幕の間は休憩無しでしたが、ピットのイヴ・アベルさんは、大汗を拭いておられました。

私としてはイヴ・アベルさんの振る姿が見える席に初めて座ったので満足。
歌手は色々ありましたが、ミカエラは頑張ったし、終幕のドン・ホセの熱唱もあったので満足。
ピットの東響も素晴らしかったし、いつものことですが新国立劇場合唱団も指揮棒に見事に追従してめでたし、めでたし。

ピットのオケは、いま絶好調の東響だから…という見方もできますが、かつてイヴ・アベルさんがここで東フィルを振った時だって素晴らしかったし、初めて聴いた時は「この指揮者、何者ですか?」と仰天したくらいですから、やはりマエストロが導き出した音…と言うべきでしょう。
それでも、サントリーホールでの定期演奏会で聴くときの東響を連想させる艶やかな音も多々ありました。

久しぶり(中27日)の生鑑賞にもかかわらず、偉そうに上から目線で感想を述べて申し訳ございません。
座っていた席自体が上から目線の席だったもので…。

なお、個人的なことですが、年末から年始にかけて、母親の介護施設入居が決まるかどうかで結構神経をすり減らし、さらにこの公演の一週間前に、空きが出て急遽母親を入居させたりして、コンサートやオペラに行くどころではありませんでした。
入居から一週間が経過し、ようやくこの日が2017年の初鑑賞日となりました。
劇場の空間に入ったとたん、一気に身体の緊張が解ける体感でした。

スタッフ
指揮:イヴ・アベル
演出:鵜山仁
美術:島次郎
衣裳:緒方規矩子
照明:沢田祐二
振付:石井潤
再演演出:澤田康子
舞台監督:斉藤美穂

キャスト
カルメン:エレーナ・マクシモワ
ドン・ホセ:マッシモ・ジョルダーノ
エスカミーリョ:ガボール・ブレッツ
ミカエラ:砂川涼子
スニガ:妻屋秀和
モラレス:星野淳
ダンカイロ:北川辰彦
レメンダード:村上公太
フラスキータ:日比野幸
メルセデス:金子美香

合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:TOKYO FM 少年合唱団
ダンサー:新国立劇場バレエ団
管弦楽:東京交響楽団

201701281

201701282

201701283

201701284

201701285

201701286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »