« 新国立「カルメン」(2017/01/28) | トップページ | フェドセーエフ/N響(2017/02/04) »

2017年1月29日 (日)

下野竜也/N響(2017/01/29)

2017年1月29日(日)15:00
NHKホール

指揮:下野竜也
NHK交響楽団

(第1855回 定期公演Aプログラム)
ヴァイオリン:クリストフ・バラーティ

マルティヌー:リディツェへの追悼(1943)
フサ:プラハ1968年のための音楽(管弦楽版)(1969)
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番~第4楽章
(アンコール)

前半2曲は、プログラム冊子に記載されている作曲の背景、時代の背景などが色濃く反映されているとは言え、いったん音楽として昇華されたからには、音楽それ自体が強烈な力をもつということを体感します。
マルティヌーは、慟哭などは通り越した後の、達観のような祈りを感じさせる曲。
フサは、まさに激しい感情をありのままに爆発させたような曲。
そういう感じ方が適切かどうかはわかりませんが…。

かつて下野さんが別のオケのプレトークで「私たちの方から、こういう風に聴いてくださいなどと申し上げるのはおこがましいことで、お客様それぞれが自由に感じていただいて構わないのです」とおっしゃっていたのを思い出します。
この世の強烈な事象を、普遍化された音楽として、そのパワーを感じながら聴く体験でした。

休憩をはさんで、後半のブラームス。
前半のちょっとメタリックな音色からオケの音は一変、N響伝統のドイツ音楽のしなやかで香しいブラームスにふさわしい音色に…。
下野さんは煽らず堂々たる横綱相撲のような王道の演奏です。

ソロのクリストフ・バラーティさんは、出だしの音が、あれ?ただ強いだけじゃん(一本調子?)と思いましたが、曲が進むにつれて、多彩な美音を駆使した音の音パレットが感じられるようになってめでたし、めでたし。
カデンツァや、終楽章など、多彩な音色を駆使した絶妙の音と言って良いでしょう。
「N響定期で聴くブラームス」クォリティの演奏でした。

アンコールも多彩な音を駆使しためくるめく演奏。
ソリストアンコールの後、どこで拍手を終えればいいのかな?と思いましたが、最後は下野さんも出てきて、楽団員さん起立で通常通りに終了。

指揮者も「40、50は鼻たれ小僧」が一般的かもしれませんが、下野さん、もう「期待の若手」の扱いでは無く、天下のN響の定期演奏会を任せられる指揮者です。

20170129n1

20170129n2

|

« 新国立「カルメン」(2017/01/28) | トップページ | フェドセーエフ/N響(2017/02/04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64825993

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也/N響(2017/01/29):

« 新国立「カルメン」(2017/01/28) | トップページ | フェドセーエフ/N響(2017/02/04) »