« 飯守泰次郎/神奈川フィル(2017/02/18) | トップページ | ヴィット/新日フィル(2017/02/25) »

2017年2月19日 (日)

東京二期会「トスカ」(2017/02/19)

2017年2月19日(日)14:00
東京文化会館

東京二期会オペラ劇場
プッチーニ:トスカ

(ローマ歌劇場との提携公演)

カヴァラドッシは「第3幕にパワーを取っておいたのかな?」とも思いましたが(あのアリアがあるから仕方ないですかね?)終わりよければ全て良しで、めでたし、めでたし。
銃殺の後、終結までの、ピットの都響の鳴らす音が、ぞくぞくするほど劇的!
ここに至るまでいろいろありましたが、最後が良かったので全て許す!(偉そうにすみません)と言いたくなるほど、最後は大喜びで拍手をしてしまいました。

第1幕は、まず、ピットの都響の抜群の安定感に感心しました。
おそらく指揮に着実に反応しているのでしょう。
ただ、「安定し過ぎ」「もっと劇的にがなりたてても」とも思いました。
歌手はトスカが「劇的」を体現する好演ですが、カヴァラドッシが、頑張ってはいるものの「トスカの方が微妙に一枚上手」に聴こえてしまう場面も。
スカルピアも、凄みや恐さをあまり感じないような…。
むしろ最後の合唱の方が、これから起こることの予感、雰囲気を醸し出していたような…。
正直、第1幕は「あれ?こんなもん?」という思いもありました。

それが、第2幕からエンジンが暖まってきた印象。
トスカの劇的な歌唱は相変わらず素晴らしい。
きれいにまとめようとせず、時には絶叫調になるのも恐れず?
ピットの都響も、第1幕に比べて咆哮する場面が増えて好印象。
もちろん、マエストロが導いた高揚でしょうけど…。

トスカが優位(と言うより、最上位)の印象が強くて、カヴァラドッシもスカルピアも、相当に頑張っているとは思いましたが、相対的に割りを食っている印象を抱いたのは贅沢過ぎるでしょうか?
オペラだって、劇ですから、オペラ歌手は役者の側面も必要だと思うんですよね。
その“役者の側面”を、声で表現していたのがトスカ役の大村さんだったと思います。

第3幕でのカヴァラドッシのアリアは気合い十分。
こちらはトスカの大村さんとは少し違って、きれいにまとめた感もありましたが、迫力に欠けるわけでも感情がこもっていなかったわけでもありません。
この方向の歌唱としては、私は文句なし。
このアリアが終わって吹っ切れたのか、その後のトスカとの掛け合いは対等の印象。
一気呵成にエンディングまで突っ走りました。

演出は、まあオーソドックス路線で、絶賛もネガティヴ反応もできませんが、あえて良いところを言えば、提携先のローマ歌劇場の構造も影響しているかもしれませんが、高層階のサイドの席で観ても、そこそこ「観れた」ことでしょうか。
(レンタルプロダクションなどで、「東京文化会館に合っていない」と感じることは結構あるのです。)
あと、最後の最後のトスカの歌唱を、高くない位置で歌わせたのは好感。
よくある“奥まった場所の高い所”で歌うと、音響的にかなりのハンディなのです。
私のような安い席(高層階のサイド)に座ると、非常に声の伝わってくる量が、かなり弱くなります。
この日の歌唱では、そこそこ音がとどいてきた。
(それでも、奥まった位置で歌唱なので、それなりに…。)

舞台装置は…??
第2幕で「壁に描いたような平板な…」と思っていた窓が開いて、あ、本物だったんだ、絵じゃないんだ、動くんだ…と思ったりして。
暴言すみません。

都響、第1幕は安定走行の感もありましたけど、第2幕以降は、これぞドラマティック!のボリュームアップ、スピードアップで素晴らしかったと思います。
ただ、個人的な好みとしては、都響にはR.シュトラウスのオペラ(特に、ばらの騎士)があっているようにも思うのです。
定期演奏会でR.シュトラウスの曲を聴くたびにそう思いますし、この日にプッチーニのオペラを聴いても、そう思いました。

そうそう、マエストロ・ルスティオーニをあまりほめていませんが、この上演を尻上がりの高揚に導いたのは、当然、マエストロです。

定番中の定番演目なので、ついつい期待値が高くなってしまい、斜に構えて鑑賞してすみませんでした。
最後は大喜びで拍手をしましたので、お許し下さい。
実は私は、大昔にレーザーディスク(←歳がばれますが)で観たドミンゴ様のカヴァラドッシ(シノーポリ指揮のメトロポリタン歌劇場のライヴ)の呪縛からいまだに逃れられてはいないのです…。

スタッフ
指揮:ダニエーレ・ルスティオーニ
演出:アレッサンドロ・タレヴィ
舞台美術:アドルフ・ホーエンシュタイン
照明:ヴィニチオ・ケリ
合唱指揮:佐藤宏
舞台監督:佐藤公紀
公演監督:大野徹也

キャスト
配役 2月15日(水)/18日(土) 2月16日(木)/19日(日)
トスカ:大村博美
カヴァラドッシ:城宏憲
スカルピア:今井俊輔
アンジェロッティ:山口邦明
堂守:峰茂樹
スポレッタ:高梨英次郎
シャルローネ:高橋祐樹
看守:大井哲也

合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

201702191

201702192

201702193

201702194

|

« 飯守泰次郎/神奈川フィル(2017/02/18) | トップページ | ヴィット/新日フィル(2017/02/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64914696

この記事へのトラックバック一覧です: 東京二期会「トスカ」(2017/02/19):

« 飯守泰次郎/神奈川フィル(2017/02/18) | トップページ | ヴィット/新日フィル(2017/02/25) »