« 下野竜也/群響(2017/02/11) | トップページ | 飯守泰次郎/神奈川フィル(2017/02/18) »

2017年2月12日 (日)

パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2017/02/12)

2017年2月12日(日)15:00
NHKホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
NHK交響楽団

(第1856回定期公演Aプログラム)
アコーディオン:クセニア・シドロヴァ

ペルト:シルエット ― ギュスターヴ・エッフェルへのオマージュ(2009)
トゥール:アコーディオンと管弦楽のための「プロフェシー」(2007)
エルネスト…レクオーナ:マラゲーニャ(アンコール)
シベリウス:交響曲第2番

凄いもん、聴きました。
シベリウスです。
このコンビの本当の力を、もしかしたら私は理解せずに今まで聴いていたのか。
個々の音、あるいはパーツの音楽的自己主張はめちゃくちゃ強い。
それらがひとつの方向を向いて結集する様は凄まじい。
個々の音それぞれが、はっとするような表情、それも強い意志を込めた表情を光らせていますが、例えば木管ソロのその素晴らしい音の背後でさざめく弦楽器群すら、伴奏などではない対等の気合いで寄り添う。

もう、胸がいっぱい。
いや、唖然として口を開けそうになりました。

前半も素晴らしい。

ペルトは、例によってヒーリング音楽のような…と思ったらそれは最初だけで、鋭利な切れ味の音をを織りなす場面も出てきてちょっと意外。
このシャープな音像と溶け合った音像が交錯しました。

トゥールの作品は、これがアコーディオンの音ですか!という驚き。
あれ?まるで雅楽のような(笙のような)音が?と感じた出だし。
しかしそんな単純なものではありませんでした。
めくるめく…と言いたいくらいの多彩な音色を駆使。
スピーカを置いて増幅していましたが、少なくとも1階席で聴いた印象では不自然な音像はなく、楽器から響いてくるように聞こえました。
こちらも快感。

シベリウス終演後の会場は沸きに沸きました。
いつものことですが、カーテンコールでN響メンバー(一部、ただし複数)が「へ?そんなに良かったですかい?」あるいは「あんたら、わかって拍手してるんかい?」というような表情をしなければなお良いのですが…(すみません)。

20170212n

|

« 下野竜也/群響(2017/02/11) | トップページ | 飯守泰次郎/神奈川フィル(2017/02/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64885541

この記事へのトラックバック一覧です: パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2017/02/12):

« 下野竜也/群響(2017/02/11) | トップページ | 飯守泰次郎/神奈川フィル(2017/02/18) »