« 秋山和慶/東響(2017/03/05) | トップページ | インバル/ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2017/03/13) »

2017年3月11日 (土)

上岡敏之/新日本フィル(2017/03/11)

2017年3月11日(土)18:00
すみだトリフォニーホール

すみだトリフォニーホール開館20周年記念
すみだ平和祈念コンサート2017《すみだ×ベルリン》
指揮:上岡敏之
新日本フィルハーモニー交響楽団

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
マーラー:交響曲第5番~第4楽章
(アンコール)

3.11から6年後のこの日。
6番という数字は狙ったものなのでしょうか。

この曲ほど、この日にふさわしい曲はないかもしれないと思うほど、激しく打ちのめされ、慟哭し、最後にとどめを刺される曲。
3.11に演奏されるにふさわしい激しさですが、このままで終わっていいのか?という思いに対しては、驚くべき模範解答のアンコールが用意されているという、この全体構成にはただただ驚嘆。
そのプロデュースのアイデアだけでなく、演奏も素晴らしい。

なんと強い音だろう!と思いました。
強い、強い、強い。
物理的な強さだけでなく、意思の込められた強烈な音。
上岡さんが激しく覆い被さる(襲いかかる)ように、えぐるような指揮がオケの音にのりうつります。
おそらく、計算され尽くした激情と情感(すなわち、リハーサルで作り込まれた表現)だと思いますが、そこは本番のライヴですから、燃える、燃える、強烈!!

終演後、オケの皆さん、あまりはじけないなーと思っていたら、まさかのアンコール、それも、アダージェット。
平穏な祈りのような、しかし力強さを内包した至福のひととき。

ハーディングさんが、3.11の後、6月の代替公演で指揮したマーラーの5番も、第3楽章までがめちゃくちゃ暗く、怖いくらいで、第4、第5楽章が「日本、頑張れ!」というような救いの道が見えるような演奏でした。
あの日の演奏のことも思い出したりもしました。

第6番の、いっときの平穏をすら容赦なく打ち砕く嵐のような激情に何を思うか。
アンコールに演奏された5番の4楽章に何を思うか。
どうしても「あの日」を思い起こしてしまうが、それはおそらく狙ったもの?
「6」という数字も、偶然か、意図したものか。
深く心に刻まれる演奏会になりそうです。

上岡さんと新日本フィルのコンビは、また、次の演奏会でも、何かが起こるかも?と思わせますね。

201703111

201703112

201703113

201703114

201703115

201703116

|

« 秋山和慶/東響(2017/03/05) | トップページ | インバル/ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2017/03/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65002321

この記事へのトラックバック一覧です: 上岡敏之/新日本フィル(2017/03/11):

« 秋山和慶/東響(2017/03/05) | トップページ | インバル/ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2017/03/13) »