« インバル/ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2017/03/13) | トップページ | 神奈川県民ホール「魔笛」(2017/03/19) »

2017年3月18日 (土)

上岡敏之/新日フィル(2017/03/18)

2017年3月18日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:上岡敏之
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第570回定期演奏会トパーズ<トリフォニー・シリーズ>)
ファゴット:河村幹子(首席奏者)

ベートーヴェン:交響曲第1番
モーツァルト:ファゴット協奏曲
シューマン:交響曲第2番
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」~第4楽章
(アンコール)

もしかして、新日本フィルの音色、変わりました?

私が上岡さんの指揮するヴッパータール交響楽団を聴いたのはたったの1回なので、うかつなことは言えませんが、あのときの印象に近づいたような…。

ベートーヴェンは、最初のうち、堂々たる王道のアプローチ、ゆったりと味わい深い……などと思っていたらとんでもない。
曲が進むにつれてビシバシとアクセントが加えられ、終楽章などはピリオドも真っ青の快速特急、ティンパニのぶっ叩き付き。
それでも奇をてらった印象はないどころか、このスタイルが必然…と思えてくるのが上岡さんの指揮。
爽快感と充足感の快演、銘演でした。

ファゴット協奏曲は、在京オケ首席奏者の力量を満喫する演奏。
ソロは当然技巧を駆使しているにしても、それが前面に出ず、ゆったりとした幸せなひとときがホール空間に充満。
上岡さんのオケに対するムチ入れはありましたが、交響曲ほど大きなスパイスではなく、“競争曲”にはならず。
途中、客席での携帯着信音が鳴ったのが残念でした。

後半のシューマンは、あまり細かくいじくらないなめらかな印象なのに、アクセント、スパイス、煽り満載…という、文字にすると矛盾したようになってしまう印象でした。
音自体は分解能よりも、音の溶け合いを優先したかのよう。
そこに、カルロス・クライバーを彷彿とさせるような指揮台上のダンスから繰り出させる表現の数々。
当然、細部がちまちま動くのではなく、オケ全体のうねりとなる。
指揮の強烈なアクセントの連射にも、かき回された感触は皆無でオケは追従。
弾力性があり、しなやかで美しい音でした。

アンコールにモーツァルトのジュピータ交響曲の第4楽章。
唐突なようでいて、聴いてみると本編との連続性が感じられる不思議。

上岡さん、まだ就任から1年を経過していませんが、既に不動のシェフになりつつあるようです。

この日のベートーヴェン、モーツァルト、シューマン、モーツァルトを聴くと、演目上、どうしても思い出すブリュッヘンさんとの演奏。
そのブリュッヘンさんの足跡は消えていくのかなぁ…と少し寂しくなりますが、上岡さんとの未来に向けて、新しい道を歩んでいくのが新日本フィルの正常な進化と言うべきなのでしょう。
そういう希望と期待をも感じる演奏会でした。

201703181

201703182

201703183

201703184

|

« インバル/ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2017/03/13) | トップページ | 神奈川県民ホール「魔笛」(2017/03/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65031658

この記事へのトラックバック一覧です: 上岡敏之/新日フィル(2017/03/18):

« インバル/ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2017/03/13) | トップページ | 神奈川県民ホール「魔笛」(2017/03/19) »