« 上岡敏之/新日フィル(2017/03/18) | トップページ | 下野竜也/読響(2017/03/20) »

2017年3月19日 (日)

神奈川県民ホール「魔笛」(2017/03/19)

2017年3月19日(日)14:00
神奈川県立県民ホール

神奈川県民ホール・iichiko総合文化センター・東京二期会・神奈川フィルハーモニー管弦楽団 共同制作公演
神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2017
モーツァルト:魔笛

ドイツ語上演字幕付・日本語ナレーション

この演出、私にはよくわかりません。
あまり演出をけなさない(つもりの)私ですが、この演出は、なんじゃこりゃ?…いや、私の感性には合いませんでした。

バックダンサーが歌手の後ろでくねくね踊るのも、なんか音楽を視覚で邪魔をしているような居心地の悪さが感じられます。
例えるなら、客席で近くの席の方が演奏中に指揮真似をして、いらいらするときに似ているような…。

いや、最初は期待したんですよ。
冒頭の大蛇をダンサーで表現したのはなかなか上手いと思いました。
しかし、ダンサーの動きの意味がわkったのはそこだけ(私の頭が悪いのかな?)。

簡素な舞台は、節約志向だなどとは申しません。
(バックにダンサーを配置する労務費はかかるでしょうし…)
しかし、色彩感の乏しいこと。
黒を基調としたモノクロームの世界。
もちろん、演出家はそれを狙ったのでしょうけど、だったら、なんであんな、へんてこな、出来の悪いロボットのようなモノスタトスにしなければいけないのでしょう?

さらには、セリフをカットしておいて、ナレーションにセリフの抜粋(?)をしゃべらせ、歌手はそのナレーションのパントマイムを演じなければならないというのが釈然としません。
オペラ歌手は、もっともっと演技ができるはずです。
もっと歌手(の肉体的能力)を信用して、もっと動かしたら?と思います。
動きはダンサーに任せて、歌手は歌唱に専念せよ…という意図かもしれませんが、オペラ歌手の演技力を馬鹿にしないでいただきたい。

この日の救いは、芸達者で定評のあるパミーナ:幸田浩子さん、パパゲーノ:宮本益光さんのお二人。
特に、宮本益光さんが小技をちりばめて客席の笑いを取り、オペラ歌手の演技力を信用しない演出に、果敢に挑みました。
カーテンコールで一番ブラボーが大きかったのは宮本さん、次が幸田さん。
会場の客席の皆さん、わかってらっしゃる!!
(カーテンコールの何回目かで、一人ずつでは無く二人ずつ登場したときに、ザラストロと夜の女王がペアになって手をつないだときも、笑いが出たり…。
確かに、このコンビで仲良く手をつなぐというのは、光景として面白いですね。)

で、問題の演出:勅使川原三郎さんには、ブラボーもありましたがブーイングもありました。
私はブーイングの方に一票!

ピットの川瀬賢太郎マエストロは期待通り、つまり素晴らしい。
もうピリオドも、モダンも、過去の全てのスタイルを昇華して、21世紀のモーツァルトの演奏スタイルを築く世代なのでしょう。
いっそ目を閉じて、音だけを聴こうかとすら思いました。

第2幕の終盤はそれなりに楽しみました。
バックにダンサーが出て来る場面も減り(ダンサーの皆さんにはすみません)、ナレーションも減り(ナレーターの方にはすみません)、音楽を疎外しない舞台になりました。
邪魔(?)が入らなければ川瀬さんの棒も冴える。
いや、川瀬さんは最初から全力投球だったのがようやく生きました。

オペラのカーテンコールで、指揮者がオケを起立させようとしてもオケが応じずに指揮者を讃える…というのは、あまり見たことがないような気もします。
神奈川フィルも(川瀬さんが導いたにせよ)素晴らしかった。
魔笛だけに特にフルートの音色。

(ただ、ここのオペラは、幕が上がって舞台(演奏)が進むにつれて、まるでミキシング装置を調整したかのように音のバランスが良くなるのが、毎回、気になるといえば気になりますが…。)

というわけで、川瀨さんと神奈川フィルの演奏、そして、幸田さんと宮本さんの熱演に満足しつつも、宮本亜門さん演出のプロジェクションマッピングの「魔笛」が懐かしくなってしまいました。

蛇足:
この日の最大の誤算は演出でしたが、もうひとつの誤算も…。
県民ホール終演後、大桟橋付近は混んでいるので、のんびり関内駅まで歩こう…と珍しくいつもと違うルートで帰ろうとしたら、横浜スタジアムでベイスターズvsホークスのオープン戦がちょうど終了していたという…。
大桟橋付近の比ではない、球場からはき出された人、人、人。
旧神奈川県民時代の感覚はすっかり失われている私…。

指揮:川瀬賢太郎
演出・装置・照明・衣裳:勅使川原三郎

ザラストロ:清水那由太
夜の女王:高橋維
タミーノ:金山京介
パミーナ:幸田浩子
パパゲーノ:宮本益光
パパゲーナ:醍醐園佳
侍女Ⅰ:北原瑠美
侍女Ⅱ:磯地美樹
侍女Ⅲ:石井藍
弁者&神官:小森輝彦
モノスタトス:青栁素晴
神官Ⅱ:升島唯博
武士Ⅰ:渡邉公威
武士Ⅱ:加藤宏隆

ダンス:佐東利穂子、東京バレエ団
合唱:二期会合唱団
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

201703191

201703192

201703193

201703194

|

« 上岡敏之/新日フィル(2017/03/18) | トップページ | 下野竜也/読響(2017/03/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65036973

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県民ホール「魔笛」(2017/03/19):

« 上岡敏之/新日フィル(2017/03/18) | トップページ | 下野竜也/読響(2017/03/20) »