« カンブルラン/読響(2017/04/09) | トップページ | 沼尻竜典/東響(2017/04/22) »

2017年4月16日 (日)

ルイージ/N響(2017/04/16)

2017年4月16日(日)15:00
NHKホール

指揮:ファビオ・ルイージ
NHK交響楽団

(第1858回定期公演Aプログラム)
ヴァイオリン:ニコライ・ズナイダー

アイネム:カプリッチョ作品2(1943)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番~アンダンテ
(アンコール)
マーラー:交響曲第1番「巨人」

個人的に、母親が緊急入院したりして、疲弊して向かえた週末。
前日の土曜日は都営新宿線のホームまで行ったのに、強い疲弊感で身体が言うことをきかず、初台に向かわずに引き返すという失態。
空席をつくって申しわけございません。

この日は、まだ少し疲弊感が残っていましたが、出かけました。
出かけて正解でした。
体調が今ひとつの中、このN響定期を聴いて体調上向きに。
やはり音楽にはヒーリング効果が有るよね…と普段なら言うところですが、この日に限っては、覚醒作用と興奮作用によるものだと思います。

このような体調と精神状態だったので、1曲目はよく覚えていません。
音を聴いてホッとしたというのが実感。
ああ、音楽って、いいよね、生の音楽っていいよね、と。

続くメンデルスゾーンの独奏、ズナイダーさんは、出だし、スリムな音像ね…と思っていたらそんな単純なものではなく、チャーミングな表情や太筆も使い分け、最後はオケとともに突っ走る快感の演奏。
「この曲を甘く見てはいけない」とわかってはいますけど、どうしても有名曲なので、「またメンコンかい?」と言うような斜に構えた感じで臨むのをお許しいただきたい。
定期演奏会でわざわざ弾くのだから、真剣勝負で当たり前ですが…。

会場の興奮をやさしく冷ますような、アンコールのバッハの無伴奏が心に染み入る。
幸せな空気が充満して前半が終わりました。

後半の「巨人」は、今の時代においては、かなり濃厚な部類に入るマーラーと言って良いでしょう。
音量の振幅だけでなく、横方向の揺さぶりやスパイスを散りばめる。
テンポの緩急も、加速と減速のギアチェンジが見事。
これだけ、あれこれやっているのに、作為感なく最後まで貫いた熱演。
おそらく計算しつくされた完璧な熱狂だと思いますが、いま、まさに生まれた興奮のように聞こえるところもさすが。
終演後の会場は大歓声に包まれました。

第3楽章冒頭のコントラバスは、ソロではなく合奏で演奏していましたが、聴感上はあまり変わったことをしているという印象は無し。
(ソロと違って強く弾く必要が無いので、きれいな音が出せる…とおっしゃっている文章をネット上で拝見しましたが、なるほど、そういう側面はあるかもしれません。)
むしろこの楽章は、緩急の緩はひたすら止まるくらいに、急は急かすくらいの煽りが印象的でした。

ルイージさんが素晴らしいことは十分に存じ上げていますが、私は最近、なかなか聴く機会がありませんでした。
(外来オケの来日などではなく)定期演奏会で聴けて嬉しいです。

20170416n1

20170416n2

|

« カンブルラン/読響(2017/04/09) | トップページ | 沼尻竜典/東響(2017/04/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65159383

この記事へのトラックバック一覧です: ルイージ/N響(2017/04/16):

« カンブルラン/読響(2017/04/09) | トップページ | 沼尻竜典/東響(2017/04/22) »