« 藤原歌劇団「セビリャの理髪師」(2017/04/30) | トップページ | 井上道義/新日本フィル(2017/05/04) »

2017年5月 4日 (木)

井上道義/新日本フィル(2017/05/04)

2017年5月4日(木・祝)13:45
東京国際フォーラム ホールC

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017
『LA DANSE(ラ・ダンス)』舞曲の祭典
公演番号143

指揮:井上道義
新日本フィルハーモニー交響楽団

マリンバ:安倍圭子

伊福部昭:日本組曲~盆踊り、演伶(ながし)、佞武多(ねぶた)
伊福部昭:オーケストラとマリンバのためのラウダ・コンチェルタータ

大音響と、鮮烈なリズムと、マエストロが「農耕民族の泥の音楽」と語った粘りが炸裂した好演、熱演でした。

最近、錦糸町でも上り調子と思われるNJPが有楽町でも好演したのは慶賀の至り。
豊嶋コンマスの下、首席クラスの大半もいつも通り。
LFJとは言え、伊福部プロで完売になるのなら、錦糸町でもやってみたらいかがでしょう?
客席も大いに湧きました。

安倍圭子さんは随分昔からお名前は知っておりましたが、マエストロのお話しによると、なんと80歳とのこと。
貫禄で、やや太筆の粘りの音色…と思っていたら、最後はシャープな音像も飛び出し、あ、使い分けていらしたのね、失礼しました、という大御所の独奏でした。

伊福部さんの音楽は、日本人として、なんだかホッとするような音楽ですね。

201705041

201705042

201705043

201705044

201705045

|

« 藤原歌劇団「セビリャの理髪師」(2017/04/30) | トップページ | 井上道義/新日本フィル(2017/05/04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65236178

この記事へのトラックバック一覧です: 井上道義/新日本フィル(2017/05/04):

« 藤原歌劇団「セビリャの理髪師」(2017/04/30) | トップページ | 井上道義/新日本フィル(2017/05/04) »