« 鈴木秀美/新日フィル(2017/06/03) | トップページ | 新国立「ジークフリート」(2017/06/10) »

2017年6月 4日 (日)

新国立「ジークフリート」(2017/06/04)

2017年6月4日(日)14:00
新国立劇場

ワーグナー:ジークフリート

オペラですし、かつ長大な作品ですから、全て完璧なことはない…ということは念頭に置いて、総合的にも、歌手のあれこれはあるにせよ、よくぞ…という上演だったと思います。

出ずっぱりで最後までパワー全開のジークフリートのステファン・グールドさんのスタミナには驚嘆せざるを得ません。
最後に出てきて良いところを持って行った…などとは言えないブリュンヒルデもハイ・パワーで終幕のクライマックスを築く。
なんとなく、第1幕にクライマックスが来てしまったような印象で観ていましたが、最後に吹き飛ばしてくれました。
東響も第1幕から終幕までパワー全開ですが、粗雑な音色にならないのはさすが。

その第1幕、舞台上のジークフリート、ミーメ、さすらい人がそれぞれ張りあうように声を張り上げて凄い!…だけじゃなくて、ピットの東響の分厚いけど細やかな表情や瞬発的な変幻自在のサウンドも素晴らしい。
まるで舞台とピットが張りあってヒートアップしているような高揚感。

最初に飯守さんが登場した時点でピットのオケからは拍手がおき、第1幕が壮絶なドラマティックサウンドの雄叫びで終了し、暗転の後、ピットを照らすライトが点灯した時点でもオケからは拍手が…。

第2幕は、豪快な音が少しおさまり、特にオケの音に細やかな表情付けの側面が多い。
歌手陣は相変わらず、よくぞ、というレベルですが、観客はちょっと肩の力を抜いて楽しむ幕かも??
あのオーボエのところは、わざと下手に吹くのも技術が必要!ということが聴いていて十分にわかりましたが、技巧だけに走ることなく、笑いのツボをくすぐった最上さん(ですよね?)さすが!(もちろん、グールドさんの演技付きでしたけど。)
会場から笑いも起きました。

歌手については、これで文句を言うなら来るな!と言われるレベルであることは認めた上で、それでも今回の出演者の中で相対的に言えば、さすらい人は、第1幕の最後の方は素晴らしいと思ったのですが、それ以外はちょっと私の好みと違った面も…。
威厳がないと言うか、パワーがもう少し欲しいと言うか…。
好みの問題でしょうけど。

ミーメはどうなんでしょう?
軽妙で声が演技をしているようで、私はかなり好意的に聴きました。

演出はよくわかりません。
「ワルキューレ」を観た時に、「ゲッツ・フリードリヒさんの演出は、もしかしてキース・ウォーナーさんの演出に多少影響を与えているのかも」と思った場面もありましたが、この「ジークフリート」を観ると、「そうでもないよね」と思いました。

「ラインの黄金」は個人的事情で鑑賞できなかったので(3公演に空席をつくって申しわけございません)、「ワルキューレ」と「ジークフリート」を観ての感想ではありますが、レンタルプロダクションについては色々意見があるようでして、私自身もあまり好意的には観ることが出来ない舞台ではありますが、限られた予算を歌手にプライオリティをつけて配分したと見れば、これはこれで一つの成果では?と思ったりもします。

監督自ら指揮していることによる経費節減効果も大きいのでは?と思ったりもします。
私は飯守マエストロの大ファンなので、監督自ら振ってくださることになんの異論もないですが。

何が言いたいかというと、限られた予算の中で(部外者なので具体的な額は存じ上げませんが)、よくぞこういうレベルで出してくれました、と私は思ったということです。

スタッフ
指揮:飯守泰次郎
演出:ゲッツ・フリードリヒ
美術・衣裳:ゴットフリート・ピルツ
照明:キンモ・ルスケラ

キャスト
ジークフリート:ステファン・グールド
ミーメ:アンドレアス・コンラッド
さすらい人:グリア・グリムスレイ
アルベリヒ:トーマス・ガゼリ
ファフナー:クリスティアン・ヒュープナー
エルダ:クリスタ・マイヤー
ブリュンヒルデ:リカルダ・メルベート

管弦楽:東京交響楽団

201706041

201706042

201706043

201706044

|

« 鈴木秀美/新日フィル(2017/06/03) | トップページ | 新国立「ジークフリート」(2017/06/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65370514

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立「ジークフリート」(2017/06/04):

« 鈴木秀美/新日フィル(2017/06/03) | トップページ | 新国立「ジークフリート」(2017/06/10) »