« 2017年5月 | トップページ

2017年6月の8件の記事

2017年6月25日 (日)

パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2017/06/25)

2017年6月25日(日)15:00
NHKホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
NHK交響楽団
(第1862回定期公演Aプログラム)
ピアノ:河村尚子

デュティユー:メタボール(1964)
サン・サーンス:ピアノ協奏曲第2番
プーランク:バッハの名による即興ワルツ(アンコール)
ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」組曲 第2番

スッキリ系のサウンドは、若干アッサリにも聞こえますけど、機動力の面でプラスに働くはず…と思って聴いていて、ダフニスとクロエの終曲でピッタリはまった時の快感、爽快感!
正直、もしデュトワさんが振ったらどういう音色に?…という思いもなくはなかったですが、この「機動力の勝利!」みたいな終曲の演奏を聴いて、「終わり良ければ全て良し」の気分。
めでたし、めでたし。

私の好みとしては、スッキリ系の中にも、もう少ししっとり系も加われば…とも思ったのは事実ですが、そのスッキリ系も軽薄に鳴らしたわけではなく、微細なニュアンスはおそらく磨き上げたものだろうと思われ、決して凡演ではありません。
オーケストラの伴奏付きピアノ曲(失礼!)(←第1楽章を聴くと、つい…)ですら、細部に神経の行き届いた繊細な音です。
対する河村さんの音は気迫(←希薄ではない)みなぎる熱演。
コントラストにはなっていましたが、結構かみ合っていました。

20170625n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

秋山和慶/東響(2017/06/24)

2017年06月24日(土)18:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:秋山和慶
東京交響楽団

(第651回定期演奏会)
ホルン:フェリックス・クリーザー

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
J. ハイドン(偽作):ホルン協奏曲第2番
モーツァルト:ホルン協奏曲第2番
ロッシーニ:狩のランデヴー
(アンコール)
ブラームス:交響曲第1番

近年、公演によっては「少し枯淡の境地に入られたかな?」と感じることもある秋山さん。
(198年代からの長年の大ファンなので、辛口コメント御容赦を。)
この日は全く枯れていません。
ウェーバーも同系統ですが、引き締まったブラームス。
もちろん若い頃の厳しく細かい棒さばきとは異なりますが、これは円熟と言うべきでしょう。
力強くしなやかな中に、味わい深さを兼備。
カチッとまとまっているだけじゃない柔和な音色。
ミューザの高分解能の音響なのに、サントリーで聴く豊穣な東響の音のよう。
秋山さんと東響のコンビの演奏会は結構ありますが、秋山さんはやっぱり定期演奏会で聴いた方がいい(←秋山さんだけじゃないと思いますけど)という思いが裏付けられた印象
前半のソリストのフェリックス・クリーザーさんは、両腕がなく、ホルンは足で操って吹きます。
ステージ上には、椅子の前にスタンドに固定されたホルンが置かれていて、登場したクリーザーさんは、居ずに座ると靴を脱いで、足の指で操作する。
しかし、演奏が始まってすぐに、そんなハンディキャップは忘れて演奏を堪能いたしました。
それでも、音色上、ハンディはゼロではないと思いますが、そんなことよりも、輝かしい、存在感のあるホルンの音を楽しむが勝ち。
オケの方がピリオドのピの字もない(?)演奏でしたが、柔らかい音色で美しい。
こちらも、秋山さんの円熟の柔和なニュアンスだったのでしょう。

201704241

201704242

201704243

201704244

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下野竜也/東京シティ・フィル(2017/06/24)

2017年6月24日(土)14:00
東京オペラシティコンサートホール

指揮:下野竜也
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

(第307回定期演奏会)
メゾソプラノ:池田香織

フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲
ワーグナー(ヘンツェ編):ヴェーゼンドンク歌曲集(女声のための5つの詩)
ドヴォルザーク: 交響曲第6番

前半は下野さんが意図したかどうかはわかりませんが、フンパーディンクとワーグナーの格の違いが目から鱗でした。

ヴェーゼンドンク歌曲集が始まったとたん、おおっ!こりゃ、ワーグナー作品だぁ…って当たり前ですが…。
池田さんの声も、まさにワーグナー作品にふさわしい。
ヘンツェ編曲のスリムなオーケストラ・パートの音像が、声をさらに際立たせた側面もあるかもしれません。
そう、ヘンツェ編曲なんです。
ああ、それなのに、それなのに、ワーグナーの音楽の存在感!

それよりも大編成で演奏されたフンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲の方が、当然、音のゴージャス感はある…はずなのですが、並べて聴いてみると、「さすがはワーグナー!」感じてしまうのは、ワーグナーという名前から来る私の先入観のせい?

いやはや、短い前半で、こんな体験をさせていただくとは…。

そして休憩後は下野さんの18番のドヴォルザークの6番。
数ヶ月前に群響でも聴いた曲ですが、まさに今、目の前で豪演が生まれる瞬間を堪能しました。

第1楽章から飛ばしちゃって、始まってすぐにクライマックス作っちゃって、この後スタミナが続くんですかい?と思っていたら、最初の繰り返しが入って、まだ繰り返しの前だった…という…。
でも、スタミナの心配(オケもです)は杞憂でした。
もう、随所でオケが炸裂、いや、爆裂。
こういう音に鳴った(成った)のはシティ・フィルの演奏スタイルゆえかもしれませんが、こういうがむしゃら感のある演奏も聴きごたえあり。

私はそんなに数多く下野さんを聴いていないので勘違いかもしれませんが、近年の下野さんはスケール感が増すとともに(読響正指揮者の頃の)がむしゃら感が後退したように感じていました。
この日はそれが戻ったような印象すらありました。

開演前のロビーコンサート

ヴァイオリン:桐原宗生、野尻弥史矢
ヴィオラ:佐藤良輔

ドヴォルザーク:テルツェットハ長調Op.74~第3、第4楽章

先日の神奈川フィルのロビーコンサートもそうでしたが、10分くらいの演奏でも、三重奏曲の後半2楽章だと、小品2~3曲よりも「聴いた」感あり。
ロビーコンサートとは言え、かなり緊密なアンサンブルでの追い込みはスリリング感もありました。
良い曲ですね。
演奏が(かなり)良かったこともあると思いますけど。

20170624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

高関健/群響(2017/06/17)

2017年06月17日(土)18:45
群馬音楽センター

指揮:高関健
群馬交響楽団

(第529回定期演奏会)
ピアノ:金子三勇士

リスト:ピアノ協奏曲第2番
リスト:愛の夢
(アンコール)
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 「レニングラード」

高関さんのショスタコーヴィチを聴いて思ったのは、この曲が書かれた時代、この曲を生んだ時代、この曲の作曲家が生きた国家があったとしても、いったん芸術に昇華された以上は、”音楽作品”であるということを初めて知ったような体感です。

ショスタコーヴィチというと、ぞっとするような、あるいは、ひやっとするような、冷たい恐怖感のようなものを今まで抱いていましたが、高関さんと群響の演奏には冷たさはなく、ぬくもりすら感じます。

ベートーヴェンの葛藤、ワーグナーの葛藤、マーラーの葛藤がどんなものだったのか知らなくても音楽を楽しめるように、21世紀の今、ソ連という国の存在は、はるか昔になった…と感じることもできる純音楽的演奏です。

精緻なアンサンブルながら、機械的な精緻さではなく、上述のように、人間のぬくもりが弦に、管に、打楽器に宿り、無味乾燥感は皆無。
群馬音楽センターのデッドな音響ゆえ、飽和感も無し

ショスタコーヴィチなのに対向配置…と思いましたが、レニングラード・フィル改め、サンクトペテルブルク・フィルだって対向配置なので、驚くことはなかったですね。

そして、前半の金子三勇士三さんのピアノも素晴らしかったです。
激しいピアノ。
オケも呼応して低弦がうねり、炸裂します。
静かなところはチャーミングに歌わせて、ダイナミックレンジの広い演奏。
金子さん、リストを弾くために生まれてきたような…などと言ったら大変失礼でしょうが(すみません)、アンコールも含めて、短い時間ながらもリストの世界を堪能いたしました。
金子さんの素晴らしい演奏は、まるで初めて接したかのような体感です。
前回鑑賞の読響定期の時(シューマンだったかな?)は、私は体調が悪くて音楽に集中できなかったので真価は分からず。
基本的にピアニストはオケ定期で聴く人間なので間が空いてすみません。
そんな私が、ソロのリサイタルに行ってみようかな…と思うような演奏でした。

20170617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カチュン・ウォン/神奈川フィル(2017/06/17)

2017年6月17日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:カチュン・ウォン
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(定期演奏会みなとみらいシリーズ第330回)
ピアノ:松田華音

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフ:交響曲第2番

ギャラが上がってしまう前に、首席客演指揮者就任のオファーを出した方が良いのでは?とすら思いました。
それも、前半の協奏曲を聴いている時点で。

まず、その協奏曲。
基本、感情移入タイプなのすでけれど、型はほとんど崩さずないので、音は内面の深化に向かうような。
横の揺れは少なく、縦の振幅が大きい、音量だけでなく情念も。
そして、たまに炸裂する強奏でも細部が突出しない全体の調和感。

あ、協奏曲でしたね。
松田さんもスケール感と音の深みが感じられて素晴らしかったです。
ただ、なんとなく、指揮者の感化を受けた演奏、術中にはまってしまった演奏のようにも見えました。
悪い意味(ピアノ付き交響曲とか)ではなく、ちゃんと協奏曲になっていたところはさすが。

この指揮者、もしかして凄いかも…??と思った休憩時間。

後半の交響曲が始まった途端、「あ、協奏曲では枠をはめていたのね」と思いました。
枠内でも素晴らしかったのですが、枠を取り払った交響曲は結構鳴らして爽快。
第3楽章のしっとり感が一番良かったですが、第4楽章のワクワク(←枠ではない)感も半端ない。
第1、第2楽章では少し若さを感じる所もありましたが、実際若いんだからいいのではないでしょうか?
P席から見ていると、次々と繰り出す指揮者の棒によるキューにオケが応えて見事に音に変換される様が見事でした。
このキュー、曲の中はもちろん、演奏会全体としての構成感も計算した上での細部のキューだったのではないでしょうか。

協奏曲の時は「爆演厳禁」の指揮者かと思いましたが、交響曲では結構鳴らしていて、それでも、全体の音の調和感(これが特に素晴らしかったかも。オケの音がこんなに溶け合うんだ!と)を保っていたので爆演でもなく、懐の深い指揮者なのでしょう。
協奏曲だけで「あ、こういう指揮者なのね」と判断してはいけないと猛反省。
おそらく次に聴く機会があれば、また印象が変わるかもしれません(良い意味で)。

交響曲の演奏が終了してすぐにオケのメンバーから拍手が起きました。
それかお開きまで、楽団員さんがずっと拍手を贈っていましたが、そういう光景はあまり見たことがありません。

カチュン・ウォン氏、確か2016年11月のトリフォニーホールでのアヴデーエワさんの協奏曲の指揮者だったと思います(私は行っていません)。
あの時、ネット上では指揮者に対するネガティヴな感想もそれなりに多く、ちょっと心配していたのですが、協奏曲の伴奏(失礼!)と定期演奏会とでは、当然、条件が違いますよね。

次の来演を心待ちにしたいと思います。

ロビーコンサート

ハイドン:フルート三重奏曲第1番「ロンドン・トリオ」

フルート:江川説子
ヴァイオリン:松尾茉莉
チェロ:迫本章子

短い10分くらいの曲ですが、3楽章の曲を聴くと、小品3曲とは異なる「聴いた」感があります。
第3楽章の軽やかな終結が心躍るように魅惑的。
その第3楽章に向けての第1、第2楽章の組み立てでしょう。
とがってない味わい深い演奏ですがスピード感もあり。
ロビーコンサートって、割と気軽に聴いて、すぐに忘れることが多いのですが(すみません)、この演奏は、ロビーコンサートとしては、かなり素晴らしい印象を記憶に刻みました。
音楽堂のステージ上でもやっていただけないでしょうか。

201706171

201706172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

新国立「ジークフリート」(2017/06/10)

2017年6月10日(土)14:00
新国立劇場

ワーグナー:ジークフリート

前回の鑑賞日と微妙に異なる上演でしたが、どちらが良い、悪い、と言うわけではなく…。

オケの音は、さらに少し音の練り上がりが向上していると感じました。
その分、少しだけ緊迫感が後退した感もありますが、余裕度が増したとも見ることができ、無理しないでより大きなスケール感が出ていたような印象です。

第1幕でのジークフリートとミーメ、さすらい人とミーメの掛け合いも、余裕をもってヒートアップ。

前回のさすらい人は、「第1幕にピークをもってきたのかな?」という感もありましたが、この日は第2幕以降もパワーが落ちず、この日の方が良かったと思います。

第2幕では、ミーメやジークフリートだけでなく、アルベリヒも、声の表情付けだけで壮絶な演技。
声だけで完結しているくらいなのに、演奏会形式ではありませんから、当然、動き回るので、耳目を釘付けにせざるを得ません。
(あれ?前回鑑賞時、私はあまりアルベリヒの記憶がないのですが、私は何を聴いていたのでしょう??)

この日の席は、前回と正反対の側で、ピットの中のヌヴーさんや甲藤さんが、絶妙にソロを継ぎ目ない“東響の音”でつなぐ様子がよく見えました。
最上さんはさすがにピットの中で吹くわけにはいかないでしょうが、吹いているところを見てみたいです。
(新国立さん、撮影してYouTubeにでもあげていただけないでしょうか?)

ちなみにダンサーの姿は、前回は反対側だったので見えましたが、今日の席からは全く見えず(前回見たので想定内)。
“安い席で舞台の近く”となると眺望に難がある(死角がある)のは当然でございまして、文句があるなら高価な席を買え…でしょうが…。

閑話休題。

第3幕はでもピットのオケの音の練り上げ感は素晴らしい。
この日はまさに「溶け合い」、。
最後の幕切れもほれぼれするような音です。

出ずっぱりのジークフリートもは、第3幕の中盤では最後若干、疲れもあったのでしょうか?
しかし、ブリュンヒルデが歌っている間に息を整えたのか??すぐに持ち直したのかな??
まあ、そうは言っても、グールドさんの全幕の中で「相対的に」のレベルです。
全幕を通して、これだけのパワーとスタミナで、文句など言えません。

最後に出てきて良いところを持っていくブリュンヒルデは余裕のパワー?

ネット上の情報と、自分の数少ない複数回鑑賞経験から推測するに、新国立(だけじゃないかもしれませんが)のオペラ上演って、日によってかなり違うことも多いのではないかと思います。
前回(2日目ですね)のちょっと張りつめた上演も、余裕が出てきた?この日(4日目ですね)の上演も、それぞれ少し違う良さがあって素晴らしいプロダクションでした(演出は横に置いて)。

スタッフ
指揮:飯守泰次郎
演出:ゲッツ・フリードリヒ
美術・衣裳:ゴットフリート・ピルツ
照明:キンモ・ルスケラ

キャスト
ジークフリート:ステファン・グールド
ミーメ:アンドレアス・コンラッド
さすらい人:グリア・グリムスレイ
アルベリヒ:トーマス・ガゼリ
ファフナー:クリスティアン・ヒュープナー
エルダ:クリスタ・マイヤー
ブリュンヒルデ:リカルダ・メルベート

管弦楽:東京交響楽団

201706171

201706172

201706173

201706174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

新国立「ジークフリート」(2017/06/04)

2017年6月4日(日)14:00
新国立劇場

ワーグナー:ジークフリート

オペラですし、かつ長大な作品ですから、全て完璧なことはない…ということは念頭に置いて、総合的にも、歌手のあれこれはあるにせよ、よくぞ…という上演だったと思います。

出ずっぱりで最後までパワー全開のジークフリートのステファン・グールドさんのスタミナには驚嘆せざるを得ません。
最後に出てきて良いところを持って行った…などとは言えないブリュンヒルデもハイ・パワーで終幕のクライマックスを築く。
なんとなく、第1幕にクライマックスが来てしまったような印象で観ていましたが、最後に吹き飛ばしてくれました。
東響も第1幕から終幕までパワー全開ですが、粗雑な音色にならないのはさすが。

その第1幕、舞台上のジークフリート、ミーメ、さすらい人がそれぞれ張りあうように声を張り上げて凄い!…だけじゃなくて、ピットの東響の分厚いけど細やかな表情や瞬発的な変幻自在のサウンドも素晴らしい。
まるで舞台とピットが張りあってヒートアップしているような高揚感。

最初に飯守さんが登場した時点でピットのオケからは拍手がおき、第1幕が壮絶なドラマティックサウンドの雄叫びで終了し、暗転の後、ピットを照らすライトが点灯した時点でもオケからは拍手が…。

第2幕は、豪快な音が少しおさまり、特にオケの音に細やかな表情付けの側面が多い。
歌手陣は相変わらず、よくぞ、というレベルですが、観客はちょっと肩の力を抜いて楽しむ幕かも??
あのオーボエのところは、わざと下手に吹くのも技術が必要!ということが聴いていて十分にわかりましたが、技巧だけに走ることなく、笑いのツボをくすぐった最上さん(ですよね?)さすが!(もちろん、グールドさんの演技付きでしたけど。)
会場から笑いも起きました。

歌手については、これで文句を言うなら来るな!と言われるレベルであることは認めた上で、それでも今回の出演者の中で相対的に言えば、さすらい人は、第1幕の最後の方は素晴らしいと思ったのですが、それ以外はちょっと私の好みと違った面も…。
威厳がないと言うか、パワーがもう少し欲しいと言うか…。
好みの問題でしょうけど。

ミーメはどうなんでしょう?
軽妙で声が演技をしているようで、私はかなり好意的に聴きました。

演出はよくわかりません。
「ワルキューレ」を観た時に、「ゲッツ・フリードリヒさんの演出は、もしかしてキース・ウォーナーさんの演出に多少影響を与えているのかも」と思った場面もありましたが、この「ジークフリート」を観ると、「そうでもないよね」と思いました。

「ラインの黄金」は個人的事情で鑑賞できなかったので(3公演に空席をつくって申しわけございません)、「ワルキューレ」と「ジークフリート」を観ての感想ではありますが、レンタルプロダクションについては色々意見があるようでして、私自身もあまり好意的には観ることが出来ない舞台ではありますが、限られた予算を歌手にプライオリティをつけて配分したと見れば、これはこれで一つの成果では?と思ったりもします。

監督自ら指揮していることによる経費節減効果も大きいのでは?と思ったりもします。
私は飯守マエストロの大ファンなので、監督自ら振ってくださることになんの異論もないですが。

何が言いたいかというと、限られた予算の中で(部外者なので具体的な額は存じ上げませんが)、よくぞこういうレベルで出してくれました、と私は思ったということです。

スタッフ
指揮:飯守泰次郎
演出:ゲッツ・フリードリヒ
美術・衣裳:ゴットフリート・ピルツ
照明:キンモ・ルスケラ

キャスト
ジークフリート:ステファン・グールド
ミーメ:アンドレアス・コンラッド
さすらい人:グリア・グリムスレイ
アルベリヒ:トーマス・ガゼリ
ファフナー:クリスティアン・ヒュープナー
エルダ:クリスタ・マイヤー
ブリュンヒルデ:リカルダ・メルベート

管弦楽:東京交響楽団

201706041

201706042

201706043

201706044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

鈴木秀美/新日フィル(2017/06/03)

2017年6月3日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:鈴木秀美
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第574回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>)
ソプラノ:中江早希
テノール:櫻田 亮
バリトン:多田羅 迪夫
合唱:コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタート

ハイドン:オラトリオ「天地創造」

ピュア・トーンのNJP(声楽陣も)、素晴らしいです。

ブリュッヘンさんのの薫陶を受けたオケの輝かしき伝統への回帰…と言いたくなりますが、ブリュッヘンの音と秀美さんの音はそれなりに違います。
秀美さんの音はは透明感…と言って良いのでしょうか…。

透明感の音ではありますが、軽量級の印象は皆無。
ズシンとくるところはそれなりに重量感。
ただ、全体を通して感じるのは、アクセントをちりばめながらも、旋律美を際立たせるような流麗感。
それは、聴衆を陶酔感へと導くような音楽。
スリムな音像が折り重なって天地が創造され、会場に特別な空間が創造され、キリスト教徒でないのに(すみません)深く満たされた気分。
秀美さんが導いたにせよ、オケと独唱と合唱の総合力で素晴らしい世界が創造されました。

独唱陣では、特にと言えば、ソプラノの中江早希さん。
澄みきった伸びのある声が印象的。

そして、合唱のコーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタートの不純物含有率ゼロに近い明瞭な美しさ。
プログラム冊子によれば、オーケストラ・リベラ・クラシカのために創設されたコーロ・リベロ・クラシコを拡張した(アウメンタート)とのことで、秀美さんの手兵と言って良いのかな?

思い起こせばブリュッヘンさんがここで天地創造を振ったのは2009年。
8年間で時代はそれなりに変わりましたたが、NJPの中には、あの絶頂期の蓄積があるはずだと思います。
この日の秀美さんの、ブリュッヘンさんとはまた違った世界も、蓄積の上での発展形と信じたいです。
ぜひぜひ、再招聘していただきたい。

NJPはカザルスホールでのハイドン交響曲全曲演奏をやり遂げたオケですし、ブリュッヘンさんの招聘を続けていた時期もあったので、ハイドンについては(都響のマーラーと同じくらい?)伝統と主張しても良いように思います。
あのカザルスホールの頃の楽団員さんがどれくらい残っているのか私は存じ上げませんが、少なくとも、豊嶋コンマスはいらっしゃいました。

開演前ロビーコンサート

ヴァイオリン・デュオによる、モーツァルト三大オペラ「フィガロの結婚」、「ドン・ジョヴァンニ」、「魔笛」より

バイオリン:篠原英和、松崎千鶴

曲によって、人間の声よりヴァイオリンの方が機能的だな…と思ったり、逆に思ったり…。
ちょっと面白い体験をしたような気分です。

201706031

201706032

201706033

201706034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ