« ハーゲン・クァルテット(2017/07/02) | トップページ | 秋山和慶/新日フィル(2017/07/15) »

2017年7月 8日 (土)

スダーン/神奈川フィル(2017/07/08)

2017年7月8日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:ユベール・スダーン
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(定期演奏会みなとみらいシリーズ第331回)
ヴァイオリン:佐藤俊介

モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲 
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
バッハ:パルティータ第3番~メヌエット
(アンコール)
シューマン:交響曲第2番【マーラー編曲版】

スダーンさんが約1年ぶりに首都圏に帰ってきました!
しかも、モーツァルトと、マーラー版のシューマン!
どちらも東響音楽監督時代の記憶がよみがえり、これはもう、万難排して馳せ参じるしかございません。

1曲目から、なつかしいスダーン監督の音が…と言いたいところですが、さすがに東響との10年間という年月(最後の方はもう、あうんの呼吸)と比べると分が悪いかも…と思ってしまいました。
決して凡演ではなく、ひびきび、はつらつ、適度にとんがって、適度に快速の、心地よいモーツァルトなのですが…

続く協奏曲は、ソロの佐藤俊介さんが素晴らしい。
近年の大活躍は耳にしていましたが、私はなかなか聴く機会を得ず、この日の演奏で、なるほど、さすが!と思った次第。
スダーンさんの“とんがり”を凌駕する佐藤さんのピリオド系。
きれいに朗々と鳴らしたかと思えば、激しく追い込む、激しくかきむしる、スリリングとすら感じるトルコ風。
(ところどころ、耳慣れない旋律を弾いていましたが、即興を加えながらの演奏だったのでしょうか?)
ソロだけでなく、オケの部分もかなり一緒に弾いていましたが、その時もかなりの身体的なアクションを加えてオケの方を向いての演奏だったので、指揮者、ソリスト、コンマスと、リーダーが3人居るような…。
ともあれ、佐藤さんにお株を奪われたようなスダーンさんでしたが、逆にピリオド系モーツァルトは百戦錬磨のスダーンさんだからこの独奏につけられたとも言えるかもしれません。

さて、この日のクライマックスを佐藤さんに持って行かれたか?…と思っていた休憩時間が終わると、驚きの後半大逆転が待っていました。
前半の演奏に対して、10年連れ添った東響のようには…などと感想を述べてすみませんでした。
マーラー版のシューマン交響曲第2番、素晴らしい演奏です。
ハイレゾ・リマスターされた音を、録音ではなく生演奏で「見せて」くれたような、目がさめるような音響です。
どこがどう…と言えませんが、第3楽章での木管(特にクラリネット)の旋律美は悶絶しそうになるほど。
スダーンさんのパワーが注入されて、はつらつとした演奏が最初から最後まで持続しました。
こうなったら続編を期待したくなります。
あと3曲あります。
スダーンさんの継続招聘を期待したくなりますが、それが無理なら川瀬さんやってくれませんかね?
いま上り調子の神奈川フィルで(←上から目線ですみません)スダーンさんが東響音楽監督時代を象徴するような(名刺代りのような)曲を指揮するという素晴らしい機会でした。
一期一会に終わりませんように。

ロビーコンサート

オーボエ:古山真里江
クラリネット:森川修一
ファゴット:石井淳

モーツァルト:ディヴェルティメントK.439b~第1、第4、第5楽章

歯切れの良い気持ちよい演奏で、どことなくこの日の指揮者スダーンさんの音色の側に少し寄った演奏に感じたのは私の気のせいでしょうか?
ロビーコンサートも好調の神奈川フィルです。

201707081

201707082

201707083

|

« ハーゲン・クァルテット(2017/07/02) | トップページ | 秋山和慶/新日フィル(2017/07/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65509690

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/神奈川フィル(2017/07/08):

« ハーゲン・クァルテット(2017/07/02) | トップページ | 秋山和慶/新日フィル(2017/07/15) »