« ノット/東響(2017/07/15) | トップページ | インバル/都響(2017/07/17) »

2017年7月16日 (日)

ノット/東響(2017/07/16)

2017年7月16日(日)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(川崎定期演奏会 第61回)
メゾ・ソプラノ:藤村実穂子
ソプラノ:天羽明惠
合唱:東響コーラス
合唱指揮:冨平恭平

細川俊夫:「嘆き」~メゾ・ソプラノとオーケストラのための
マーラー:交響曲第2番「復活」

前夜の、何が起こるかわからないような、ある種の怖さは後退しましたが、その分、音が成熟した印象です。

細川俊夫さんの作品も、オケは2日目になってやや洗練された音色になったようです。
その分、強烈なエネルギーの発散(感情の発散と言い換えても良いでしょう)は若干後退した感もありますが、その分、より普遍的な音へと昇華された感もあます。
これはこれで、十分に壮絶。
「あえて言えば」の僅差ではありますが…。

そして、「復活」も、前夜の緊迫感から一夜明けて、音の練り上げはさらに向上。
前夜の多彩な“寄り道”の印象も後退して、比較的ストレートに歩みを進める演奏ですが、突っ走ったと言うほど一気呵成ではありません。
興奮するような演奏なのに「味わった」という体感はこの日も不変でした。

「復活」だけでも大変なのに、前半に細川さんの作品を配置したのは、藤村実穂子さんあってのことでしょう。
藤村さんのスケジュールが押さえられて、出演が決まった時点で成功は半分約束されたも同然?
ノット監督のパワフルな指揮が素晴らしかったですが、藤村さんもビッグネームにふさわしい第2の主役の存在感の声でした。

そして、カーテンコールでの所作は藤村さんを立てていましたが天羽さんも素晴らしいし、東響コーラスの素晴らしさもいつも通り。

もしかしたら東響の歴史でターニングポイントになるかもしれない演奏会。
もっとも、ノット監督の引き出しの多さは、いまだに「こういう指揮者だよ」とわからせない奥深さがあります。
まだまだ新しいターニングポイントは続々とあるかもしれません。

そして、ノット監督の「引き出しの多さ」も、単なる客演ではなく、音楽監督としてお迎えしたから出していただけているものでしょう。
スポンサー様と、それを獲得した事務局にも感謝しないといけません。

この日は、せっかく実家の片付けをするために空けておいたのに、1ヶ月くらい前に公式チケットサイトを見たら、いつも私が買うような場所の(すなわち好みの位置の)席が、最後の2~3席残っていたので、ついついポチッとやっしまいましたが、2日とも聴けて結果オーラーでお釣りが来ました。

201707151

201707152

201707153

|

« ノット/東響(2017/07/15) | トップページ | インバル/都響(2017/07/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65542474

この記事へのトラックバック一覧です: ノット/東響(2017/07/16):

« ノット/東響(2017/07/15) | トップページ | インバル/都響(2017/07/17) »