« ノット/東響(2017/07/16) | トップページ | チョン・ミョンフン/東フィル(2017/07/21) »

2017年7月17日 (月)

インバル/都響(2017/07/17)

2017年7月17日(月祝)14:00
東京芸術劇場

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(都響スペシャル)
コントラルト:アンナ・ラーション
テノール:ダニエル・キルヒ

マーラー:交響詩「葬礼」
マーラー:大地の歌

「蜜月を謳歌して退任した後のあうんの呼吸」などではなく、あの“到達点”だったツィクルスの高次元の均衡をすら崩して攻めようとしているようなインバルさん。
練れた音より攻めの音。
特に大地の歌は、前回サントリーホールで聴いたときよりも、えぐるような表現が多用されていたように感じたのは、私が過去の記憶を美化しているのでしょうか?
それとも、ホールの音響と私の席の位置のせいでしょうか?

確かにあのツィクルスは芸劇の3階RBブロックでしたし、大地の歌10番はサントリーホールのPブロック中段。
いずれも残響が豊かに感じられる場所
それに対してこの日は、直接音をもろに浴びる場所だったので???

「葬礼」は、復活」の第1楽章の初稿です。
版が違うとは言え、さすがに3日続けて聴くと…と思ったのも最初だけ。
もっと聴きたいくらいでした。
この曲の演奏中、指揮棒を折って(左手にぶつかったのかも?)予備の指揮棒を取り出して振る場面も…。

大地の歌の“声”については、私の席の位置からは、裏からのぞいているような場所で聴いたので、コメントする資格なし。
コントラルトのラーションさんは暗譜での歌唱。
テノールのキルヒさんは楽譜を見ながらの歌唱。
(だからどうしたと言うことはなく、他意はありません。)

最近、都響の演奏会はサボってばかりなので定かではありませんが、インバルさんがシェフだった頃とは異なる両者の緊張感(良い意味でも、多少ネガテイブな意味でも)を感じたのは私の気のせいでしょうか?
私はそれを、攻めの姿勢、さらなる別の次元を目指した飛翔にとりましたが…。
インバルさんは、過去の遺産で悠々自適に過ごす人ではないと思いました。

20170717

|

« ノット/東響(2017/07/16) | トップページ | チョン・ミョンフン/東フィル(2017/07/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65547198

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2017/07/17):

« ノット/東響(2017/07/16) | トップページ | チョン・ミョンフン/東フィル(2017/07/21) »