« ノット/東響(2017/07/22) | トップページ | 東京二期会「ばらの騎士」(2017/07/29) »

2017年7月28日 (金)

インバル/大フィル(2017/07/28)

2017年7月28日(金)
フェスティバルホール

指揮:エリアフ・インバル
大阪フィルハーモニー交響楽団

(第510回定期演奏会)

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」」

都響とはかなり違いますねえ。
どちらが良い、悪いではなくて、それぞれの良さがあるのですが、紛れもないインバルさんの構築なのに、これだけ違う。

都響が“凝縮”なら、大フィルは“拡散”…と言う言葉が悪ければ、“エネルギーの放射”?
この(悲劇的ながらも)大いなる高揚感は、その特性から来たものでしょうか?
特に、第3楽章の、号泣に近い感情の高まりから、第4楽章の「これでもか、これでもか」につながる流れの構築の見事さ。
最初、「都響と結構違うねぇ」と斜に構えて聴いていたのが、興奮させられ、酔わされてしまいました。

プログラム冊子に東条先生が名文を書いていらして、「寸分の隙もなく構築されたもの」「音楽の大きな振幅の中にも、明確な均衡を備えた形式性を最後まで失わずに押し通していた」というのは、開演前は、「本当にその通りですねぇ!」と文章に感嘆したものですが、演奏が終わってみると、この文章はあの都響との演奏会のことであって、この日の大フィルには、一部当てはまらないような気もします。

もちろん、一部は当てはまっています。
第1楽章と第2楽章(スケルツォ)の間、第3楽章と第4楽章の間をあまり間合いを置かず、まるで2部からなる曲のように指揮。
「第2楽章と第3楽章は、この順番以外あり得ない!」と言わんばかりの構築の見事さにも舌を巻きました。

終演後、オケがしきりに指揮者一人での拍手答礼を勧めるのに、指揮者は固辞したように次々に奏者を指差して立たせ、最後は、はい、もうお開き…とやったのを、崔コンマスが頑として引き上げず、とうとうインバルさんを一人で答礼させた…という微笑ましい光景もありました。
この光景も、この日の演奏を象徴しています。
インバルさんが繰り出す合図が導いたことは事実ですが、それに答えて熱演を繰り広げた大フィルの面々にも大拍手です。

もう一つの見どころは、東京ではまず見れない、崔コンマスとインバルさんのコンビ。
崔さんは、都響の3人のコンマスとは(少なくとも弾いている姿は)結構違います。
崔コンマスの大きく身体で表したリードも、こういうエネルギー放射型の演奏に導いた要因の一つかもしれません。

私はあまり大阪へ行かないので、フェスティバルホールは初めて。
そのたった1回の経験だけで断言はできませんが、私が座った2階サイドの席では「おっ、音が近い!飛んで来る!」という印象でした。
残響はあまり感じないにもかかわらず、音に潤いも感じます。
結構クセになる音で、また聴いてみたくなりました。

すかさず、大フィル定期のラインナップを物色しかけましたが、よく考えたら、土曜開催でもない限り、少なくとも半休はとらないといけないし、マーラー1曲だったから最終の新幹線に乗れましたけど、通常の演奏会なら帰りは夜行か翌朝になるのでした。
(演奏中は引き込まれて時刻は全く気にならなかったのですが、終わってインバルさんが1回引っ込んだ時点で時計を見て20時30分より前だったので、わかっていても、ホッとしたり…。)

そうです、この日は、私は、勤務先の夏休みで、「せっかくの平日休みだから」と、チケット早々と購入してありました。
しかし、その後、母親の通院付き添いを入れたため、病院が長引くと行けない可能性が出てまいりました。
やきもきしながら時間が過ぎるのを待ち、「行ける!」「行こう!」と決めた後、東京駅に向かう電車の中で、往復の新幹線の指定席をネット予約しました。
せっかくの休みなのに、私は何をこんなに忙しくしているのだろう…とも思いましたが、素晴らしい演奏に、帰りはそんな気分は吹き飛びました。

行かなかったら、チケット代が無駄になるけど、行けば、さらに往復の新幹線の料金がかかる…とも思いましたが、帰りは、お金を払って行った甲斐があった!と思いました。

どうでもいいことを長々とすみません。
素晴らしい体験の後は饒舌になります。

201707281

201707282

201707283

|

« ノット/東響(2017/07/22) | トップページ | 東京二期会「ばらの騎士」(2017/07/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65592512

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/大フィル(2017/07/28):

« ノット/東響(2017/07/22) | トップページ | 東京二期会「ばらの騎士」(2017/07/29) »