« 秋山和慶/東響(2017/08/11) | トップページ

2017年8月12日 (土)

下野竜也/新日フィル(2017/08/12)

2017年8月12日(土)16:00
すみだトリフォニーホール

下野竜也プレゼンツ!音楽の魅力発見プロジェクト 第4回
指揮・お話・企画監修:下野竜也
新日本フィルハーモニー交響楽団

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
ドヴォルザーク:我が母の教えたまいし歌
(アンコール)

入場時に「え?1曲なのに終演が17:45?下野さん、いったい何分しゃべるつもり?」と思いましたが、心配は杞憂でした。
それどころか、もっとしゃべってほしかったくらい。
30分ほど、オケを鳴らしながら解説。
その後、休憩20分でした。
その休憩前のレクチャーの面白いこと、面白いこと。

まず登場して、第2楽章の冒頭を指揮。
オケのメンバーが「遠き山に…」と歌いながらの演奏。

その後、背景のスクリーンに映っている肖像画を「実はドヴォルザークではなくノーベルでした」といういたずらも。

そのスクリーンに楽譜を写しながら、「もしも二流作曲家が書いたら」のバージョンと比較しながら演奏したり。
第4楽章でシンバル鳴らしまくりの編曲?で演奏したり、もしも第2楽章で、弦楽器がミュートを付けないで演奏したら?とか。

「新世界」ではなく「新世界より」ですよ。
最後、静かに消えていくんですよ。
本編では、ぜひ、余韻を楽しんで下さい。
…とおっしゃっていたのに、本編では、静寂の中でくしゃみをした方がいらして…。
下野さん、演奏終了後、客席側を向く前に、楽団員さんと笑っていました。

それはともかく、本編は素晴らしい演奏でした。

やはり定期と同じとはいかないよね…と思った出だしを、あっという間に本気印の熱演にもっていった下野さんの迫力の指揮、さすが。
この数ヶ月前に読響ファイナルで聴いたばかりなのに、また下野さん凄い!凄い!という驚きの連射でした。

下野さん、ここぞというところで左手で、ひょい、全身でグイッと西江コンマスをあおり、西江コンマスが素直に呼応して前のめりになって力を込めて弾くので、指揮とコンマスを見ているオケ全体がうねるように反応するという連鎖の連射も堪能させていただきました。
アンコールの前に「来年も開催します」と言ったらオケからも拍手が起きました。

201708121

201708122

201708123

201708124

201708125

201708126

|

« 秋山和慶/東響(2017/08/11) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65655912

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也/新日フィル(2017/08/12):

« 秋山和慶/東響(2017/08/11) | トップページ