« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2017/08/20) | トップページ | ヴェデルニコフ/東響(2017/09/16) »

2017年8月26日 (土)

小菅優(P)/東響(2017/08/26)

2017年8月26日(土)11:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

モーツァルト・マチネ第30回
ピアノ:小菅優
東京交響楽団

≪オール・モーツァルト・プログラム≫
モーツァルト:ピアノ協奏曲第12番
モーツァルト:ピア協奏曲第9番「ジュノム」

当初は「指揮者なし」と告知されていたように記憶していますが、完全に小菅さんの弾き振りです。

小菅さん、天下の東響を弾き振りできるステータスになっていることは慶賀の至り。
そして、想定外に(失礼)素晴らしかったです。

特に、2曲目の「ジュノム」。
1曲目の第12番も凡演ではありませんでしたが、この9番になって、小菅さん本来の奔放な弾きっぷり、ある意味、はじけちゃっている情熱が見事に現れました。
ピアノは当然のこととして、オケの音も、2曲目になって切れ味が増した印象。
第2楽章の(プログラム冊子によれば、J.C. バッハの訃報が影響しているとかいう)慟哭と言って良いくらいの悲しみ、そして、再び快活になった楽しい第3楽章と、かわいらしいモーツァルトの仮面の内側に、こんなに多彩な世界が内包されていたのかと、まるでいま初めてわかったような体感です。

小菅さんの「指揮」の方ですが、そりゃ、やっぱり、本職にはかなわないよね…と私が比べている対象が、ノット監督、スダーン前監督、秋山元監督なので、それはそうでしょうけど、大健闘だったと思います。
特に2曲目の「ジュノム」は、オケ・パートも本当に素晴らしい。
どちらかと言うと、ただ振っているときよりも、ピアノを弾きながら目で合図しているときの方が、オケの音はさらに良い音が出ていたようにも思いますが、それはまあ、小菅さんのピアノの音は絶品ですから…。

「ジュノム」ばっかりほめていますが(現に、演奏が終わった後の会場の拍手も、演奏会終了という面を差し引いても、「ジュノム」の方が圧倒的でしたが)12番だって、チャーミングな美音を駆使した極上の演奏だったと思います。
ただ、どうしても、小菅さんには、興がのったときの奔放な演奏のイメージがあるので、どうしても、その方向の表現を散りばめた「ジュノム」の印象の方が強く残ってしまいます。

そして、欲を言えば、ぜひとも、続編をお願いしたい!!

20170826p1

20170826p2

20170826p3

20170826p4

|

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2017/08/20) | トップページ | ヴェデルニコフ/東響(2017/09/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65711582

この記事へのトラックバック一覧です: 小菅優(P)/東響(2017/08/26):

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2017/08/20) | トップページ | ヴェデルニコフ/東響(2017/09/16) »