« 新国立「神々の黄昏」(2017/10/07) | トップページ | 新国立「神々の黄昏」(2017/10/11) »

2017年10月 8日 (日)

東京二期会「蝶々夫人」(2017/10/08)

2017年10月8日(日)14:00
東京文化会館

二期会創立65周年・財団設立40周年記念公演
東京二期会オペラ劇場《二期会名作オペラ祭》
プッチーニ:蝶々夫人

全般的に破綻なく、まずまずでした。
…と言うことは、あまりほめていないのでありまして…。

「破綻なく」と書いたように「金返せ~」のレベルではありません。
ただ、今の、群雄ひしめく東京においては、外来、国内を問わずの他団体はもとより、二期会の他公演の公演を考慮すると、もう1枚上のレベルであってほしい気もしました。

第1幕では、オケの音も、舞台上の歌手の声も、まだ完全にノリきれていない感がありました。
大村博美さんは、どちらかというとパワー全開型の歌唱で、第1幕の蝶々さんだったら、もう少し可憐出会ってもいいような気も少々。
このスタイルであれば第2幕以降に期待かも…と思いました。。

第2幕も、破綻なくまとめてはいるけど、もう少し切々と迫ってくる旋律美のようなものがあるとなお良いんですどねぇ…という思いが少々。
ハミングコーラスでその思いは頂点に達しました(大げさですみません)。
第2幕終了の時点で帰ってしまったお客さんもちらほら見えて、そのお客さんの気持ちもわかるのがつらい。

「ところが第3幕は…」ではなく「第3幕になってやっと」、オケの音も溶け合い、舞台上の歌唱との融合感も出て良かったと思いました。
ピットのオケのみならず歌手の声も「ノリ」が出てきた印象。
「大村さんって前に聴いた時は凄かったけど?」という前幕までの印象は吹き飛びました。
…となると、第2幕まではなんだったのでしょうかか(と酷評するほどではないにせよ)。
リハーサルは第3幕中心で練習したんですかね?と皮肉を言いたくなりますが、しかし、この日は初日ではないですし…。
「終わり良ければ全て良し」と言う気にもなれず、「終わりよければ、まずまず」と言ったところでしょうか。
色々な要因はあるにせよ、本番での音楽の責任は指揮者にあり??
以前、NJP定期で聴いたデスピノーサさんは良かったと思ったんですけど…。

栗山昌良さんによる純和風の演出は、私は好意的に見ました。
読み替えもなく、安心してみていられる舞台と所作。
西欧の国々から見た遠い異国の日本の異様感のようなものは感じられませんが、それは私たち日本人が見ているからでしょう。
いや、私たち日本人から見ても、すでに今の日本にすら存在しない、昔あったかもしれないどこかの空間を、舞台上に再現するという観点では、視覚的インパクトはあったと思います。
ただ、結婚式が神主さんによって神道でお祓いの所作までして行われるのは、台本でキリスト教に改宗したの違うのでは?と思いました。
そんなことは台本を読み込む演出家は百も承知でしょうから、何か深い意図があるのかもしれませんが、私にはわかりませんでした。
あと、切腹したことを示すと思われる所作が、外国人のピンカートンさんに、短時間で以心伝心で伝わるのか?とか?
そういうことを突っ込まないで観るのが大人の鑑賞かもしれませんが…。

スタッフ
指揮:ガエタノ・デスピノーサ
演出:栗山昌良
舞台美術:石黒紀夫
衣裳:岸井克己
照明:沢田祐二
舞台設計:荒田 良
合唱指揮:佐藤 宏
舞台監督:菅原多敢弘
公演監督:牧川修一

キャスト
蝶々夫人:大村博美
スズキ:中島郁子
ケート:成田伊美
ピンカートン:古橋郷平
シャープレス:与那城 敬
ゴロー:高橋 淳
ヤマドリ:小林由樹
ボンゾ:志村文彦
神官:杉浦隆大
合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京交響楽団

201710081

201710082

201710083

201710084

|

« 新国立「神々の黄昏」(2017/10/07) | トップページ | 新国立「神々の黄昏」(2017/10/11) »

コメント

初めまして。
7日と8日、ダブルキャストの両日聴きました。
ダブルキャストだと、どうしても比較してしまうのですが、歌手に関しては7日の方が圧倒的に良かったです。
私の好みは、
蝶々さん:森谷真理>大村博美
スズキ:山下牧子>中島郁子
ピンカートン:宮里直樹>古橋郷平
シャープレス:今井俊輔<与那城 敬

森谷さん、「夜の女王」役を得意としているだけあって、高音域まで無理なく伸びる声で素晴らしい歌唱、演技はやや淡泊な印象を受けますが、私は好みです。
大村さん、「フィガロの結婚」の伯爵夫人役等、歌唱・演技力とも素晴らしい歌手という印象があるのですが、今回の喋々さん、森谷さんを聴いてしまうと高音域がちょっと苦しいかな。でも、さすがに第3幕は迫真の演技で素晴らしかった。

オーケストラ(東響)はとても良かったと思います(特に弦と木管)。
が、2014年の二期会「蝶々夫人」におけるダニエーレ・ルスティオーニ指揮東京都交響楽団の演奏が強く記憶に残っている(オーケストラの響きだけで涙してしまった!)ので、それに比べると今一つという印象でした。

投稿: herodiade1881 | 2017年10月 9日 (月) 20時23分

コメントならびに他の日の様子を教えていただき、ありがとうございます。
新国立など、同じキャストでも、私の乏しい経験でも、日によってかなり印象が違うので、キャストが違えばなおさらでしょうね。
うすうす、別の組はもしかしたら??…と思っておりましたが、やはりそうでしたか。
でも、ちょっと安心しました。

投稿: 稲毛j海岸 | 2017年10月10日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65895330

この記事へのトラックバック一覧です: 東京二期会「蝶々夫人」(2017/10/08):

« 新国立「神々の黄昏」(2017/10/07) | トップページ | 新国立「神々の黄昏」(2017/10/11) »