« 川瀬賢太郎/神奈川フィル(2017/10/14) | トップページ | ノット/東響(2017/10/21) »

2017年10月15日 (日)

下野竜也/N響(2017/10/15)

2017年10月15日(日)14:00
NHKホール

指揮:下野竜也
NHK交響楽団

(第1867回定期公演Aプログラム)
ヴァイオリン:クララ・ジュミ・カン
ソプラノ:モイツァ・エルトマン

モーツァルト:歌劇「イドメネオ」序曲
ベルク:ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出のために」
モーツァルト:歌劇「皇帝ティトゥスの慈悲」序曲
ベルク:「ルル」組曲

モーツァルト、ベルク、モーツァルト、ベルクで、前半と後半それぞれに共通テーマという下野さんらしい凝ったプログラム。
そのプログラミングの妙の術中にはまり、モーツァルトがどことなく暗い影を伴って響くような…。

ベルクのオケは後半の方の「ルル」組曲の方が格段に良かったです。
音の融合と、文字通り「劇的」な高揚と激情。歌手も堂に入って狂気(?)を声にして突き抜けるような歌唱。
素晴らしい!!

前半のヴァイオリン協奏曲は、オケが「複雑で奇怪な曲」の側面を隠しきれていないように感じられてちょっと残念。
物理的には僅差でも、聴いた印象には増幅されて現れる?

「終わり良ければ全て良し」で気分良く家路につけました。
そして、いっそのこと、尾高賞受賞作品は、下野さんを毎年定期に呼んで、定期演奏会で演奏したら?と思ったりもしました。
下野さんの前に尾高忠明さんかもしれませんが、Aプロ下野さん、BCプロ尾高忠明さんとか??
ベルクなんて、もう現代音楽ではないのですが…。

休憩時間の男子トイレの行列が普段よりかなり短いNHKホールでした。

20171015n

|

« 川瀬賢太郎/神奈川フィル(2017/10/14) | トップページ | ノット/東響(2017/10/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/65922101

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也/N響(2017/10/15):

« 川瀬賢太郎/神奈川フィル(2017/10/14) | トップページ | ノット/東響(2017/10/21) »