« デュトワ/N響(2017/12/16) | トップページ | エッシェンバッハ/N響(2017/12/23) »

2017年12月16日 (土)

フルシャ/都響(2017/12/16)

2017年12月16日(土)19:00
サントリーホール

指揮:ヤクブ・フルシャ
東京都交響楽団
(第845回定期演奏会Bシリーズ)

マルティヌー:交響曲第1番
ブラームス:交響曲第1番

この日は、フルシャさんを迎える客席のテンションが異常なほどでした。
首席客演指揮者としての最後のステージであることは誰もがわかっていました。
私は近年は都響定期は欠席が多く(空席を作ってすみません)、フルシャさんの演奏会もあまり行けませんでした。
よって、会場の“フルシャ愛”の大喝采に取り残され感が満載。
ともあれ、最後だけでも間に合って良かったと言うべきでしょう。

艶やかではない素朴系の音色を折り重ねて壮大な音響を構築したフルシャさんの非凡さは明らか。
興奮と言うよりは、味わい深いと言った方が良い演奏でしたが、燃えるところは燃える。
ブラームスの最後の畳かけはDVDで視たベーム/ウィーン・フィルの1975年の演奏に通じるものがあったと言ったら言い過ぎでしょうか。

演奏終了後の答礼から楽団員さんが起立せずに指揮者に拍手を送る…というのは、私は見たことがありません。
奇をてらわずに王道を行く若手指揮者が、日増しにスケールアップするのを目の当たりに出来た都響会員は、すっかり世界の中堅となって旅立つフルシャ様を一般参賀で送り出す。
…と言うのを、途中を欠席して最後だけキセルのように体験してすみません。

都響B定期は久しぶりですが、相変わらずお客さんは鑑賞マナー抜群ですね。
水を打ったように静か。
当然、フライング拍手やフライングブラボーなし。
第4楽章で何かを床に落としてカランカランと音をさせちゃった方はお気の毒としか言いようがありません。

ただ、フルシャさんの風格は素晴らしいし、都響も見事にそれを音にしたとは思いますが、アンサンブルの完成度が100%完璧だったかというと、ごく一部、かつての都響だったら無かっただろうなぁ…という部分が散見されたような気がするのは、私が過去の記憶を頭の中で美化しているのでしょうか?

もっとも、そうは言っても、特に木管陣、特にオーボエとクラリネットのソロの音色は悶絶しそうなくらいに美しい。
在京オケはどこも木管陣が秀逸ですが(狭き門でしょうし)。

201712161

201712162

|

« デュトワ/N響(2017/12/16) | トップページ | エッシェンバッハ/N響(2017/12/23) »

コメント

2008年からもう十年ですね。都響定期会員になった年に初めてフルシャと出会い、おっしゃるような成長の過程を体験できたこと、嬉しく思います。
都響の管も十年前とくらべると雲泥の差を感じます。矢部さんのソロにはうっとりしました。

投稿: jitan | 2017年12月18日 (月) 13時51分

私も“積み重ねた年月”に目がうるうるしてしまいました。フルシャさん、すっかり立派になって、風格すら感じるくらいになりましたね。

投稿: 稲毛j海岸 | 2017年12月19日 (火) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66169124

この記事へのトラックバック一覧です: フルシャ/都響(2017/12/16):

« デュトワ/N響(2017/12/16) | トップページ | エッシェンバッハ/N響(2017/12/23) »