« 小泉和裕/名フィル(2018/01/19) | トップページ | 園田隆一郎/神奈川フィル(2018/01/27) »

2018年1月21日 (日)

カンブルラン/読響(2018/01/21)

2018年1月21日(日)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団

(第100回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)
ヴァイオリン」イザベル・ファウスト

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
クルターク:「サインズ,ゲームとメッセージ」より
(アンコール)
バッハ(マーラー編):管弦楽組曲から
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

イザベル・ファウストさん独奏のブラームスは、切々と、ある意味、淡々と、歌い上げてきたのが、終楽章で思いっきりはじける…というのは曲の本質をついているかもしれないと思いました。
事前にプログラム冊子も読まず、独奏者のCDも聴いていない私は、カデンツァにちょっと驚きました。
プログラム冊子によれば、ブゾーニ作のガデンツァとのことです。
ティンパニを伴って弾くカデンツァはまるでベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の作曲者自身によるカデンツァ(ピアノ協奏曲編曲版の逆編曲でしたっけ??)のよう。
これ、いいですねぇ。
また聴いてみたいカデンツァです。
生で聴けて良かった!というべきかもしれません。

休憩後のバッハは、マーラー編ですからピリオド家のはずはありませんが、トランペットとティンパニが入る曲では、やはり歯切れの良さが加わります。
ちなみにこの曲では、ティンパニはバロックティンパニだったようです。
味わい深さしみじみ。
こういうバッハも、昨今はやりの演奏とは異なりますが良いものです。

そしてベートーヴェンは、弾力性はあまり感じず、どちらかと言うとサラサラ系の音色ですが、その推進力のある音の数々が味わい深いこと!
いまどきとしては速くもない演奏だと思いますが、やはりスピード感は感じます。
しかし、せかせか急いでいる印象は皆無。
旋律美を味わった体感です。

カンブルランさんのベートーヴェンは着任当初も聴いたと思いますが、あの頃はまだスクロヴァチェフスキさんやヴァンスカさんの印象が強く残っていて、ピリオドの要素は極小なのがちょっと物足りなく感じました。
今思えば、もったいない聴き方をしたと思います。

演奏終了後、すっとんきょうな甲高いフライング気味のブラボーには驚きましたが、まあ、演奏自体は文句なし。
…となると、芸劇でのニューイヤーコンサートで感じた微妙な齟齬はなんだったのでしょう?
定期とこの日は、まさに“シェフと手兵”でした。

201801211

201801212

201801213

|

« 小泉和裕/名フィル(2018/01/19) | トップページ | 園田隆一郎/神奈川フィル(2018/01/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66307344

この記事へのトラックバック一覧です: カンブルラン/読響(2018/01/21):

« 小泉和裕/名フィル(2018/01/19) | トップページ | 園田隆一郎/神奈川フィル(2018/01/27) »