« カンブルラン/読響(2018/01/21) | トップページ | シュテンツ/新日フィル(2018/02/03) »

2018年1月27日 (土)

園田隆一郎/神奈川フィル(2018/01/27)

2018年1月27日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:園田隆一郎
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(定期演奏会みなとみらいシリーズ第336回)
ピアノ:福間洸太朗

ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
リスト:ピアノ協奏曲第2番
リスト:「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ
(アンコール)
ロッシーニ:歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
ロッシーニ:歌劇「アルミーダ」~第2幕バレエ音楽
ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」~第1幕パ・ド・シス
ロッシーニ:歌劇「セミラーミデ」序曲
ヴェルディ:歌劇「アッティラ」~前奏曲
ヴェルディ:歌劇「マクベス」~第3幕バレエ

神奈川フィル定期は、前半よりも後半の方が音がやや格上のときも多いように思いますが、この日は冒頭から極上。
外面的な音の解放(炸裂)と同時に、内面的な深みも感じるオケの音。
特に低弦の音が素晴らしい。

協奏曲のピアノソロも同じ方向(深化)のように感じました。
最初は、ちょっと物足りない(豪快さがない)と感じましたが、実はかなり味わい深いピアノの音です。
アンコールでもそう感じました。
大変失礼いたしました。

後半も素晴らしい。
唯一の「残念」は、こういう演奏を聴かされると「ピットに入ってほしくなる」ことだけ。
「セミラーミデ」の全曲で、アマチュア・オーケストラの藤沢市民交響楽団からあんなキレのある音を引き出して園田さんが、プロのオーケストラを振れば当然!とも言えますが…。
神奈川フィルも溶け合ったサウンド、各奏者の絶妙のソロで応えました。

やっぱり園田マエストロはピットで(あるいはステージ上での演奏会形式全曲でも可)聴きたくなります。
定期演奏会に呼んで下さった神奈川フィルには、深く感謝はしていますが…。

20180123

|

« カンブルラン/読響(2018/01/21) | トップページ | シュテンツ/新日フィル(2018/02/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66328668

この記事へのトラックバック一覧です: 園田隆一郎/神奈川フィル(2018/01/27):

« カンブルラン/読響(2018/01/21) | トップページ | シュテンツ/新日フィル(2018/02/03) »