« パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2018/02/11) | トップページ | 上岡敏之/新日フィル(2018/03/24) »

2018年2月12日 (月)

テミルカーノフ/読響(2018/02/12)

2018年2月12日(月・祝)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:ユーリ・テミルカーノフ
読売日本交響楽団

(第101回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ラフマニノフ:前奏曲作品32-12
(アンコール)
ラフマニノフ:交響曲第2番

待ちに待ったテミルカーノフさんが読響の指揮台に帰ってきました!

この演奏を読響のデフォルト(標準状態)と思ってはいけません。
テミルカーノフ/読響の演奏に驚嘆して読響の会員券を購入すると、以降、ずっとテミルカーノフ・ロスに苦しむことになります、私のように。

協奏曲の冒頭からして、通俗名曲などではない、とてつもない音がいきなりホールに響き渡り、一気にテミルカーノフ・ワールドへ。
例によって奇術師テミルカーノフさんのマジック炸裂!
手首を数センチひねるだけでオケがうねり、さざめき、炸裂する。
その音は深い深い情感を感じさせる音。
力まずともオケが自然と力の入った音に鳴る不思議。

オケにばかり意識が行ってルガンスキーさんnには申し訳ありませんが(決してピアノ付交響曲ではありませんでした)、目の前であの手首のひねりが音に変換される様を見せられると、もう唖然としてそれを見守るしかありません。

(ちなみに個人的体調により、眠気を感じ、寝落ちはしなかったけれど第1楽章は陶然として聴いていたので、上記の感想は主に第2、第3楽章に対してです。もったいなことをしました)

休憩後のラフマニノフも、「これでもか」の連射。
悠然たる大河の流れも、急流あり、滝あり、河口あり。
これほどのスケール感が読響から聴かれたのはいつ以来でしょう?
(前日の芸劇での演奏会以来では?というツッコミはなしにして。)
細部の色々は些細なこととして、もう参りましたとしか言いようがありません。

読響には失礼ながら、読響の限界を超過するくらいの表現力で鳴らしていたかもしれません。
それはあたかも、ミニ新幹線のこまちが、はやぶさに連結されて東北新幹線の本線を持続300km超で走っているような…。
(はやぶさがサンクトペテルブルク・フィル、こまちが読響とは言っておりません。)

ところでテミルカーノフさん、お年をめされたせいかどうか不明ですが、指揮台の譜面の下に錠剤(トローチ?)のようなものを隠しておいて途中で口に含んだり、楽章間でハンカチを持つ手が震えていたり…。
前半の協奏曲では第3楽章で指揮をしながら咳き込んでいらしたし、カーテンコール短めのでのお開きもそのせい?
テミルカーノフさんが次の12月で80歳になられるという事実に諸行無常を感じます。
いつまでもお元気で、このとてつもない演奏を聴かせていただきたいものです。

201802121

201802122

201802123

|

« パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2018/02/11) | トップページ | 上岡敏之/新日フィル(2018/03/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66386860

この記事へのトラックバック一覧です: テミルカーノフ/読響(2018/02/12):

« パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2018/02/11) | トップページ | 上岡敏之/新日フィル(2018/03/24) »