« 上岡敏之/新日フィル(2018/03/24) | トップページ | 準・メルクル/マレーシア・フィル(2018/04/15) »

2018年3月31日 (土)

上岡敏之/新日フィル(2018/3/31)

2018年3月31日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:上岡敏之
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第586回定期演奏会トパーズ<トリフォニー・シリーズ>)
ヴァイオリン:豊嶋泰嗣

シューベルト:交響曲第5番
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
シューマン:交響曲第1番「春」
ベートーヴェン:交響曲第4番~第4楽章
(アンコール)

ピリオド・アプローチがメンデルスゾーンやシューマンにまで及んでいる昨今の不調へのアンチテーゼでしょうか。
シューマンは、流麗極まりない演奏です。
エッジを立てず、シームレスにつなげる、流す。
それでいて弾力性や迫力が全く犠牲にならない不思議。
最初は、この調子で最後までやられたた、なよなよした演奏になるのでは?という第一印象は完全に覆りました。
指揮台上の上岡さんの踊るような動きにNJPがほぼ完璧に反応する様を「見る」のも快感でした。

そしてアンコールのベートーヴェンの4番は、シューマンの後に演奏するのに、なんとふさわしいことか!
例によってプログラミングの妙味を感じる演奏会。
一瞬、驚いたものの、聴いてみれば、そういうつなげ方があったか…と。

前半は個人的体調で眠かったので、多くを語る資格はありませんが…。

シューベルトは、シューマン同様に流麗型だったかな?

バルトークは、豊嶋さんの独奏は「きれいに鳴らす」を最優先しているように感じられ、私としては、もう少し“汚い”音も欲しいように感じましたが、これは、豊嶋さんの“狙い”には相容れないのでしょう。
上岡さんの指揮するオーケストラパートの方が変幻自在にスケールアップする中で、コンサートマスターによる独奏付きの交響曲のような…と言ったら言い過ぎでしょうか?
聴き応えありましたけど。

あ、前半、眠かったのに、ちゃんと聴いていたかのように感想を述べてすみません。

201803311

201803312

201803313

201803314

|

« 上岡敏之/新日フィル(2018/03/24) | トップページ | 準・メルクル/マレーシア・フィル(2018/04/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66563085

この記事へのトラックバック一覧です: 上岡敏之/新日フィル(2018/3/31):

« 上岡敏之/新日フィル(2018/03/24) | トップページ | 準・メルクル/マレーシア・フィル(2018/04/15) »