« 高関健/東響(2018/04/28) | トップページ | ブロムシュテット/N響(2018/04/29) »

2018年4月28日 (土)

パヴェル・コーガン/新日フィル(2018/04/28)

2018年4月28日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

 

指揮:パヴェル・コーガン
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第588回定期演奏会トパーズ<トリフォニー・シリーズ>)

 

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」~「だったん人の踊り」
グラズノフ:演奏会用ワルツ第1番
チャイコフスキー:スラヴ行進曲
ムソルグスキー(ラヴェル編曲 ):組曲「展覧会の絵 」

音の溶け合い、派手に鳴らす所で音が飽和せずに炸裂するなど、粗雑にならないスケール感が素晴らしい。
NJPの棒への反応も素晴らしい

「ラヴェル編」と言うよりは「ムソルグスキー作曲」の「展覧会の絵」。

前半も含めて、「おっ、何かが起こるぞ!」というざわめきから、意外と正攻法に炸裂してしまう感もありますが(一本調子と言えなくもない)、期待はずれではなく、「想定内」の方向で「想定を超えて」鳴らすのは快感です。

前半に感じた芳香感は、後半の「展覧会の絵」では少々後退しましたが、これは曲の性格ゆえでしょう。

それにしても、指揮者も素晴らしいのでしょうが、NJPの復調は著しいものがあります。
そもそも、狭き門の在京オケの奏者が、下手なはずはありません。
アンサンブルさえ戻れば、こうなることは想定内でしたが、長年待っただけあって、嬉しい限りです。

201804281_2

201804282_2

|

« 高関健/東響(2018/04/28) | トップページ | ブロムシュテット/N響(2018/04/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66664849

この記事へのトラックバック一覧です: パヴェル・コーガン/新日フィル(2018/04/28):

« 高関健/東響(2018/04/28) | トップページ | ブロムシュテット/N響(2018/04/29) »