« 新国立「フィデリオ」(2018/05/20) | トップページ | 新国立「フィデリオ」(2018/06/02) »

2018年5月27日 (日)

新国立「フィデリオ」(2018/05/27)

2018年5月27日(日)14:00
新国立劇場

ベートーヴェン:フィデリオ

2回目の鑑賞なので、音楽に耳を傾ける余裕が出てきました。

第1幕。ピットの東響の筋肉質に引き締まった音が素晴らしい。
重低音一辺倒だけじゃない飯守監督の、ツボを突くような音がビシバシ飛び出します。
舞台が3階層(右端は4階層)で、歌う位置の高低差があるためか、歌手の声は、位置によって印象差がありました。
第2幕になって、グールドさんが声を出すと、その圧倒的な声のスケールは、位置など関係なく突き抜けましたが…。

第3幕のレオーノーレ序曲以降、ピットの飯守監督、煽る、煽る。
その、一見“振り回しているだけ”のような指揮に、おそらく水谷コンマス経由で一糸乱れず追従した東響、本当に素晴らしい。
独唱歌手陣、合唱も、素晴らしい。
いや、もしかしたら初日の演奏もこうだったのかもしれませんが、私は初日は演出に打ちのめされて、音楽に気が行きませんでした。

演出は2回目になると多少観る余裕が出てきました。
まあ、結末を知っている推理小説みたいなものですが、前回、気がつかなかった細かいことに気がついたりもしました。
レオノーレ序曲の間、ブロックを積むだけでなく、もっとパントマイムを入れればいいのに…とか、欲張りなことを思ったりしますが、1回目の鑑賞のときは、目の前の光景を受け入れるだけでした。
おそらくもう1回観ると、さらに慣れるでしょう(?)
こうしてみると、刺激的な演出の賞味期限は、結構短いのかもしれません。
そうは言っても、賛否両論の演出は観ていて面白いです。
私は2回目には肯定派に転じつつありますが、初日は「斬新」と思いつつも「勘弁してよ」という気持ちもありました。

トーキョーリングはもう帰ってきませんが、新国立にカタリーナ・ワーグナーさんを呼んだ飯守監督の功績は、大きい。
飯守監督は、もしかして、予算が潤沢であれば、指輪4作を全てカタリーナ・ワーグナーさんの演出でやりたかったのでは?と思ったりもしました。
任期最後に指揮する作品を「神々の黄昏」にしなかったですし。
「パルジファル」で始まり「フィデリオ」で終わりつつある、新国立の一つの時代…。

スタッフ
指揮:飯守泰次郎
演出:カタリーナ・ワーグナー
ドラマツルグ:ダニエル・ウェーバー
美術:ユリウス・ゼンメルマン
衣裳:トーマス・カイザー
照明:クリスティアン・ケメトミュラー

キャスト
ドン・フェルナンド:黒田博
ドン・ピツァロ:ゲルト・グロホフスキー
フロレスタン:ステファン・グールド
レオノーレ:リカルダ・メルベート
ロッコ:妻屋秀和
マルツェリーネ:石橋栄実
ジャキーノ:鈴木准
囚人1:片寄純也
囚人2:大沼徹
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団

201805271

201805272

201805273

201805275

201805274

|

« 新国立「フィデリオ」(2018/05/20) | トップページ | 新国立「フィデリオ」(2018/06/02) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66766240

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立「フィデリオ」(2018/05/27):

« 新国立「フィデリオ」(2018/05/20) | トップページ | 新国立「フィデリオ」(2018/06/02) »