« 新国立「フィデリオ」(2018/05/27) | トップページ | シドニー1日目(2018/8/12) »

2018年6月 2日 (土)

新国立「フィデリオ」(2018/06/02)

2018年6月2日(土)14:00
新国立劇場

ベートーヴェン:フィデリオ

「レオノーレ」序曲第3番が、ショスタコーヴィチの交響曲のように空虚に?響き渡るオペラパレス。

上演も回を重ねて最終日。
演出も消化された様子が、演技にも音楽にも現れ、より完成度の高い舞台に。
初期の稽古から立ち会ったと伝わる飯守監督、ピットの指揮台で舞台の全てを統括していれば、眼前で繰り広げられる惨劇を前に、自身の指揮する音楽に影響が無いわけは無いでしょう。
聴いて、観て、感じて、そう思いました。

第1幕では、ピットの東響の引き締まった響きに加えて、歌手陣も「これまでの私が鑑賞した2回の第1幕は、最終日に体力を温存していたのでは?」と思うほどハイパワーに聞こえたり。
1回目(初日)は4階、2回目(3日目)は3階右側バルコニー、3回目(5日目、最終日)は3階左側バルコニーでの鑑賞だったので、前回まで鑑賞時には見えなかった諸々が見えて楽しいです。
第2幕への伏線もあったのですね。

でも、私の座った3階左側バルコニーからは、ドン・ピツァロがフロレスタンを刺す場面は見えませんでした。

初日はあまりのことに茫然自失状態でしたが、3回目なので、割と冷静に見ることが出来ました。
それでも、終幕の高揚感の音楽が、なんと空虚に響くことか。

戸惑いがちに始まった拍手ですが、カーテンコールは盛り上がりました。
飯守監督の指揮する最高の最終公演になったと思います。

飯守監督、予算が潤沢だったら、もっとやりたいことはあったのだろうなぁ、特にリング…と思ったりもしますが、このプロダクションを実現できたことは本望ではないでしょうか。

飯守監督の時代は、ステファン・グールドの時代でもありました。
カタリーナ・ワーグナーさんの演出に目が行くのは仕方ないとして、突き抜けた圧倒的な声が聞こえると舞台の空気が一気に変わります。

シーズンはまだ「トスカ」が残っているとは言え、新国立のひとつの時代が終わろうとしています。
私は、充足感を感じています。

スタッフ
指揮:飯守泰次郎
演出:カタリーナ・ワーグナー
ドラマツルグ:ダニエル・ウェーバー
美術:ユリウス・ゼンメルマン
衣裳:トーマス・カイザー
照明:クリスティアン・ケメトミュラー

キャスト
ドン・フェルナンド:黒田博
ドン・ピツァロ:ゲルト・グロホフスキー
フロレスタン:ステファン・グールド
レオノーレ:リカルダ・メルベート
ロッコ:妻屋秀和
マルツェリーネ:石橋栄実
ジャキーノ:鈴木准
囚人1:片寄純也
囚人2:大沼徹
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団

201806021

201806022

201806023

201806024

|

« 新国立「フィデリオ」(2018/05/27) | トップページ | シドニー1日目(2018/8/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/66791147

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立「フィデリオ」(2018/06/02):

« 新国立「フィデリオ」(2018/05/27) | トップページ | シドニー1日目(2018/8/12) »