« 上岡敏之/新日本フィル(2018/09/15) | トップページ | スダーン/東響(2018/10/06) »

2018年9月22日 (土)

スダーン/東響(2018/09/22)

2018年09月22日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(第663回定期演奏会)
ヴァイオリン:堀米ゆず子

ハイドン:交響曲第100番「軍隊」
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

近年のスダーン元監督の東響客演の曲目は、監督自体に演奏した曲の再演であることが多いですが、私はそれをちっとも不満に思っていません。
むしろ大歓迎です。
「軍隊」も「田園」も、待ちに待った“再演”で、待った甲斐があった“銘演”でした。
ただ「こういう演奏だったっけ?」(←不満というわけではなく)という印象もあり。
スダーン前監督の円熟かもしれませんし、私が過去の記憶を美化している可能性もあります。

前半のハイドンもモーツァルトも、懐かしいスダン前監督の古典…なのですけれど、「あれ?こんなにマイルドだったっけ?もっと尖っていなかったっけ?」という思いがありました。
艶やかで美しい演奏。
もっとも、東響をサントリーホールで聴くと、音響のせいか、“艶やか”という印象になることが多いので、ホール音響も影響しているかもしれません。
推進力はある演奏ですが、先を急ぐ感はなく、しっかりと旋律を歌った上での演奏です。

「田園」も懐かしい再演曲ですが、前回から10年くらいは経っているはずなので細部の記憶はありません。
ありませんが、相当に細かいことをやっていながら全体の調和感をもって鳴らす前監督の真骨頂を満喫しました。
この相当に細かいことをやっていながら全体の調和感…という指揮と演奏の印象ですが、もしかしたらそれは、作曲家自身が楽譜の上でやっているのかも…と思ったりもしました。
…となると、楽譜に忠実だったのかも??

東響の10年前の良き時代に再会した幸せ!

20180922

|

« 上岡敏之/新日本フィル(2018/09/15) | トップページ | スダーン/東響(2018/10/06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/67253475

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2018/09/22):

« 上岡敏之/新日本フィル(2018/09/15) | トップページ | スダーン/東響(2018/10/06) »