« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年10月の2件の記事

2018年10月 6日 (土)

上岡敏之/新日フィル(2018/10/06)

2018年10月6日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:上岡敏之
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第17回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>)
ピアノ:田部京子

ベートーヴェン:交響曲第4番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
ベートーヴェン:交響曲第7番
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」~第4楽章
(アンコール)

冒頭の第4番から、しなやかに跳躍、伸縮、飛翔、…。
何とも形容しがたい、指揮者とオケの運動能力を誇示するかのような演奏。
味わうどころではなく、目の前で起きていることを受け止めようとするので精一杯。
生演奏なので、あっという間に過ぎ去ってしまいますが、…。

休憩後の第7番はさらに輪をかけて“やりたい放題”。
一歩間違えれば…と言うか、あと一歩のところで粗雑な爆演になり下がるのところを、飽和せず崩壊せず、一体感をもって追従したNJPも素晴らしい。

(数年前、前音楽監督とゴタゴタがあった後、ハーディングさんの指揮に追従できず、飽和した感のある演奏もあったように記憶も結構鮮明に残っていますが、いまのNJPは“復調した”と言って良いのでしょう。)

アンコールの「イタリア」交響曲の終楽章が、7番の“続編”としてこんなに親和性があるというのも目から鱗。
激しい終楽章2連発で打ちのめされました。
終わってみると、「凄かった」で、どこがどうだったか、あまり覚えていないのですが…。

なお、ピアノ協奏曲は、端正なピアノ独奏ではありましたが、個人的印象としては、「4番と7番にはさまれると、…」という感もあり。
会場からはさかんにブラボーの声がかかっておりましたが…。

201810081

201810082

201810084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スダーン/東響(2018/10/06)

2018年10月6日(土)11:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(モーツァルト・マチネ第35回)

<オール・モーツァルト・プログラム>
交響曲第34番
交響曲第38番「プラハ」

元祖・モーツァルト・マチネのスダーン前監督がミューザの朝に帰ってきました。
かつて当たり前のように、定常的、定期的に聴けたこのコンビによるモーツァルトが、いかに至福の日々だったのかを思い知らされる、思い起こされる演奏です。
単にエッジを立てて快速テンポにしただけではない、音楽的必然が内在する演奏。
単なるピリオドでも、ピリオドとモダンの折衷案でもありません。
快速テンポながらも旋律の歌い回しは粗雑にならず魅惑的。
随所に織り交ぜる小アクセントに加え、ここぞという時の大アクセントも効果的かつ突出せずに全体に調和。
これはもう、至芸としか言いようがございません。
スダーン監督在任時代、「いつでも聴ける」と思っていた、実は希有の体験。
まだまだ消失したわけではありませんので、ぜひ、1年に1回は帰ってきていただきたいものです。

201810061

201810062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »