« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の3件の記事

2018年12月31日 (月)

2018年を振り返って

2018年は本業の仕事もそれなりに忙しく、海外出張も、2月にアメリカ、4月にマレーシア、6月にフィリピン、10月にドイツと、“出張族”ではない私にとっては、比較的多く海外に行った年でした、
その上、2006年のウィーン旅行以来、12年ぶりに個人旅行(いわゆる海外旅行)にも行きました。
「出張でなくて飛行機に乗るのって、こんなに気が楽なんだぁ!」という驚き。
気ぜわしい中で“いつものホール”に足を運ぶのとは違って、強制的に“非日常”に待避するのは結構快感で、鑑賞記を書いた8月のオーストリアに加えて、演奏会抜きで、シンガポールにも行きました。
そういうこともあって、海外で鑑賞した5回を除くと、26回と、かなり少ない年になりました。

【国内オーケストラ編】

■NHK交響楽団
 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ2018/02/11
 指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット2018/04/29
 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ2018/05/13

■オペラ・オーストラリア管弦楽団

 ※シドニー・オペラハウス「アイーダ」(ヴェルディ)
  →【オペラ編】Conductor:Pier Giorgio Morandi
2018/8/13

 ※シドニー・オペラハウス「リゴレット」(ヴェルディ)
  →【オペラ編】Conductor:Renato Palumbo
2018/8/14

■神奈川フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:園田隆一郎2018/01/24

■札幌交響楽団
 指揮:マックス・ポンマー2018/12/01

■新日本フィルハーモニー交響楽団
 指揮:上岡敏之2018/01/13
 指揮:マルクス・シュテンツ2018/02/03
 指揮:上岡敏之2018/03/24
 指揮:上岡敏之2018/03/31
 指揮:パヴェル・コーガン2018/04/28
 指揮:ジョアン・ファレッタ2018/05/19
 指揮:上岡敏之2018/09/15
 指揮:上岡敏之2018/10/06

■東京交響楽団
 指揮:秋山和慶2018/01/08
 指揮:高関健2018/04/28
 指揮:ユベール・スダーン2018/09/22
 指揮:ユベール・スダーン2018/10/06
 指揮:秋山和慶2018/12/29

 ※新国立劇場「フィデリオ」(ベートーヴェン)
  →【オペラ編】指揮:飯守泰次郎
2018/05/20
  →【オペラ編】指揮:飯守泰次郎2018/05/27
  →【オペラ編】指揮:飯守泰次郎2018/06/02

■名古屋フィルハーモニー交響楽団
 指揮:小泉和裕2018/01/19

■読売日本交響楽団
 指揮:シルヴァン・カンブルラン2018/01/07
 指揮:シルヴァン・カンブルラン2018/01/13
 指揮:シルヴァン・カンブルラン2018/01/21
 指揮:ユーリ・テミルカーノフ2018/02/12

【海外オーケストラ編】

■オーストラリア室内管弦楽団
 Director & Violin:Richard Tognetti2018/08/12

■マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:準・メルクル2018/04/15

【オペラ編】

■新国立劇場

 「フィデリオ」(ベートーヴェン)
  指揮:飯守泰次郎
2018/05/20
  指揮:飯守泰次郎2018/05/27
  指揮:飯守泰次郎2018/06/02
  →【国内オーケストラ編】東京交響楽団

■シドニー・オペラハウス

 「Great Opera Hits」(2018/08/12

 「アイーダ」(ヴェルディ)
  Conductor:Pier Giorgio Morandi
2018/8/13

 「リゴレット」(ヴェルディ)
  Conductor:Renato Palumbo
2018/8/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

秋山和慶/東響(2018/12/29)

2018年12月29日(土)14:00
サントリーホール

指揮&チェンバロ:秋山和慶
東京交響楽団

(「第九と四季」2018)
ヴァイオリン:辻 彩奈
ソプラノ:中村恵理
メゾ・ソプラノ:藤村実穂子
テノール:西村 悟
バス:妻屋秀和
合唱:東響コーラス

ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」~春・冬
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」
蛍の光
(アンコール)

長年続いたこのシリーズも今年で最後。
私が初めて聴いたのは1985年12月28日、簡易保険ホール。
当時はもちろん、この秀逸な東響コーラスの発足のはるか昔です。

最初に演奏される「四季」は、ソリストの気合い、ソリストの準備状況によっては、“前座”のようになってしまう年もないわけではありません。
つまり、ソリストの出来によって毎年かなり違う印象ですが、この年のはおそらく“大当たり”の年だと思います。
微細な音の出、表情付け、絶妙の間合いなど、聴き応えのある熱演でした。

「第九」については、秋山さんの壮年期のカミソリのような切れ味を知るファンとしては、はっきり言って、ゆるく感じる所も多々あります。
しかし、その分厚みと味わい深さを増した面もあります。
嬉しかったのは、前年までの数回で感じられた「枯れた」感が消えたこと。
切れ味から豪腕に変化したとは言え、有終の美の演奏でした。

アンコールの「蛍の光」と、ペンライトでの演出も、この年で見納めなのかな。
終演で舞台の照明が明転すると同時に、秋山さんに花束贈呈あり。

私自身は諸事忙殺されて演奏会に足を運ぶ回数が減っていますが、このシリーズの最後に立ち会えて良かったです。

201812291

201812292

201812293

201812294

20181229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

ポンマー/札響(2018/12/01)

2018年12月1日(土)14:00
札幌コンサートホールKitara

指揮:マックス・ポンマー
札幌交響楽団

(第614回定期演奏会)
ピアノ:マルティン・シュタットフェルト

メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教改革」
J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番
シュタットフェルト:バッハへのオマージュ~ピアノのための12の小品よりパストレッラ
(アンコール)
シューマン:交響曲第3番「ライン」

久しぶりです。
生演奏は2ヶ月ぶりです。
kitaraは11年ぶりです。(前回はボッセさん

諸事忙殺されて、ついつい空席を作ってしまう毎日ですが(すみません)、演奏会のチケットだけでなく、航空券も買ってしまえば、嫌でも行くだろう…ということで札響のチケットを購入しました。
ポンマーさんの音楽をまた聴いてみたいという思いもありました。

まずはメンデルスゾーン。
味わい深いとしか言いようがない、尖らない、心地よい音楽です。
この音が聴きたくて飛行機に乗りました。
指揮棒は持っているけど拍子を刻むことなど最小限。
おそらく指揮者は、ただ立っていて視線だけ送れば、音楽が出来上がってしまうのではないか…という感じ。

バッハも、シュタットフェルトさんのピアノも含めて、古き良き時代の、尖っていない(非ピリオド)演奏。
かといって、今の時代に演奏するのだから、古めかしさんはありません。
こういうバッハもいいよね…という…。
NJPの定期でオール・バッハ・プログラムを指揮したときのことを思い出しました。

休憩後のシューマンは、前半と打って変わってエネルギッシュな指揮。
休憩を挟んで静と動のコントラストですが、鋭いアクセントを織り交ぜながらも、味わい深さ失っていません。
人間国宝の至芸のような音楽は、まさに「味わった」という体感でした。

札幌滞在はkitaraのみ。
11時に新千歳空港に着き、19:00発の飛行機で帰りました。

201812011

201812012

201812013

201812014

201812015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »