« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の7件の記事

2019年2月16日 (土)

イェアンニン/新日本フィル(2019/02/16)

2016年2月16日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ソフィ・イェアンニン
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第20回定期演奏会 ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>)
ソプラノ:安井陽子
テノール:櫻田亮
バス:妻屋秀和
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭

ハイドン:オラトリオ「四季」

個人的体調(寝不足)により、気持ちよくカックンとなること多頻度(大半?)の前半ですみませんでした。
そんな心身の状態でも、本当に気持ちいい音楽です(感想を語る資格なし)。

“休憩のための答礼”のつもりで引っ込んだ指揮者と独唱者は、拍手が続いていて、あわててもう1回出てきた感じ。
会場の反応は好印象のようです。

休憩後の後半は、ちゃんと起きて聴いてました!
月並みな感想ですが、生き生き、はつらつ。
音を奏で、歌うことの喜びを謳歌するような、聴いていてこちらまで楽しい気分に浄化される気持ちいい演奏でした。

指揮のイェアンニンさんは、プログラム冊子のプロフィールに「合唱指揮のスペシャリスト」と書いてあります。
もちろんオケも指揮しているようですが、オケのコントロールの力量はどうなのでしょう?
私は、結構好印象でした。
ピリオドではありませんが、美しい旋律美に、金管と打楽器による鋭い一撃も交えていて、魅惑される場面多数。
その反面、特に曲の最後の方で、弦の出が揃わない箇所が何回かあったのは、指揮者の棒のせいか、オケの集中力切れのせいか???

前日の演奏会でどなたかがツィートされていたように、終演後のステージで、楽団員さんにあまり笑顔がないのが少し気になりました。

ただ、会場の反応は、かなり好意的。
ブラボーの声も多数かかり、指揮者への拍手が熱い。

事前に指揮者が語っている映像がネットに上がっていて、「初期の古典派の音楽をきちん演奏できるオケ」とコメントされていましたが、NJPにはブリュッヘンさんの遺産が残っていると信じたいです。

2019021621

2019021622

2019021623

2019021624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウル・金浦→羽田(2019/02/16)

帰路の飛行機の金浦空港発は8:40。
したがって、早朝出発です。
朝5時半前にホテルをチェックアウト。
往路で懲りたのでタクシーにしようかと思いましたが、迷った末に、また地下鉄にしました。
また路線図と首っ引きで乗車し、7時少し前に金浦空港に着きました。
まあ、感想としては、今回は1泊で荷物も小さかったし、どんな感じが知りたかったので地下鉄にしましたが、荷物がもっと多かったりしたら、地下鉄は避けた方が良いかなと思いました。

2019021611_3




2019021612_2

「普段はそんなに混んでいない金浦空港でも、朝は出発便が集中して、かなり混む」という事前情報の通りでした。
帰路はANAのコードシェアのアシアナ航空でしたが、アシアナ航空のチェックインカウンターは長蛇の列。
私は前年に珍しく出張が多く、かつオーストラリアへの旅行にも行ったので、ANAのプラチナ・ステータスをいただいたので、エコノミークラスのチケットでも、ビジネスクラスカウンターで待ち時間少でチェックインできましたが、それがなかったら、かなりの時間がかかったと推測します。

 

「国際線は出発2時間前に空港到着」が良く言われていますが、私の場合は、時間を持て余すことが大半です。
でも、空港大混雑の最悪のケースに遭遇した場合を考慮すると、やはり「2時間前」というのはリーズナブルな目安なのでしょう。

 

ホテル早朝出発でお腹が空いたので、機内食を待てずに、ラウンジで軽く食べてしまいましたが、結果的に正解。
翼の融雪のために出発が30分くらい遅れ、機内食が配られたのは10時頃でした。

2019021613

2019021614

2019021615

2019021616

2019021617

極力、日系のANA、JALに乗る主義の私は、アシアナ航空は初めて乗りましたが、事前のネット上での評判通り、機内食は日系航空会社の機内食並みに結構おいしく、快適でした。メニューが前日にホテルのルームサービスで食べたプルコギだったのはご愛敬。
おいしかったので、無問題です。

 

基本的にキャビンアテンダントさんには韓国の言葉で話しかけられ、通じないと日本語に。
私の後ろの席の方は、韓国の言葉→日本語の時点で「English please」とか言っていました。

 

私は、今後も日系の航空会社が第1選択肢に変わりありませんが、第2選択肢として、仁川乗り継ぎの韓国系航空会社もいいかな、と思いました。

 

到着は11時過ぎ。

 

最近は、通常両替対象外の外貨の小銭の残りを日本円に換算して電子マネーにチャージしてくれる「ポケットチャージ」という機械もあって便利です。
Suicaにチャージされたのは数十円ですが、持って帰るよりはよほど良いです。

2019021618

その後、リムジンバスで錦糸町へ直行。
やっぱり空港からの交通機関はリムジンバスの方が楽ですね。
ソウルでの苦労は「東京で羽田から錦糸町まで電車で移動したら?」と考えれば、容易に想像できるものでした。

2019021619_2


ソウルでの観光無しで早々に帰ってきたのは、新日本フィルの演奏会があったからです。
ハイドンの「四季」を生で聴ける機会は、そう多くはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

ヴァンスカ/ソウル・フィル(2019/02/15)

2019年2月15日(金)20:00
ソウル・アーツ・センター・コンサートホール

指揮:オスモ・ヴァンスカ
ソウル・フィルハーモニー管弦楽団

ヴァイオリン:ヤン・インモ

シベリウス:フィンランディア
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:交響曲第6番
シベリウス:交響曲第7番

読響が読んでくれなくなったヴァンスカさん、ジャパン・パッシングで近隣諸国には時々いらしているようなので、ミネソタまでは行けないけど、ソウルなら行ける!
…と言うわけで、休暇を1日取ってのソウル・フィル鑑賞。
やっぱり、ヴァンスカさんは、ライヴでの本領発揮の指揮者でした。
直近のミネソタ管弦楽団との録音(マーラーですが)で聴けるような壮大なるスケール感が、生演奏で聴けた喜びは大きい。
やはり指揮者の力は偉大なり。
しかし、それを音に変換したソウル・フィルも素晴らしい。

まずは、冒頭のフィンランディアですが、出だし、音が荒くて、あれれ?という感じ。
それが、ヴァンスカさんが、途中でカツ!を入れるように、引きずり回すような指揮で煽ってからは音が安定し、その後は完全なるヴァンスカ・サウンド、調和と高揚を両立した音がオケから鳴り響く。
(前日にも同じコンサートがあったはずなのに…。)

続く協奏曲は、ソリストもオケも、私にとっては手放し絶賛の興奮。
特にオケは、“伴奏”などではなく、交響曲を指揮しているかのようなヴァンスカさんの感情移入の指揮。
音が、うねる、うねる。
そして、ソリストのヴァイオリンも、一切の雑な音のない美音。
高価そうな楽器の音がします(失礼!)。
美弱音から、バリバリ弾く場面まで、不連続点の無い音のコントロール。
もしかして、このヴァイオリニストのファンになってしまうかも?とすら思いましたが、アンコールに弾いたソロ曲(曲目失念)を聴いた印象では、もしかして協奏曲はかなりヴァンスカの意思、リードが入っていたのかな?と思ったりもしました。

後半の交響曲は、この時点での最後の来日の読響定期でも聴いた曲。
あのときは、私の苦手曲だった6番、7番を、たった一晩で大好きな曲に変えてくれた演奏でした。
この日のオケの音の融合感、均質感、そしてそれが混濁せず、飽和せずに高揚する上質感。
冒頭に書いたように録音を聴いて待ち望んでいた“現在の”ヴァンスカ・サウンドで鳴った2曲。
壮大(←こればっかり)なる音のドラマに包まれる恍惚のひと時でした。

休暇を2日とって昨日も聴けば良かった…と思いましたが、まあ、無理でした。
この日休暇を取るために、昨日まで必死で仕事を頑張って、なんとか終わらせたくらいでしたので。

なお、鑑賞した席は、東京芸術劇場なら2階RBのような位置の席です。
なお、撮って良かったのかわからないけど撮っちゃっいました、ソウル・アーツ・センターのコンサート・ホールの内部。
サントリーホールで言うP、LA、RAのブロックは、チケットをオケ公式サイトで購入した時に完売かと思っていましたが、非売の空席でした。

2019021531

2019021532

2019021533

2019021534

2019021535

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウル市内(2019/02/15)

ホテルにチェックインした後は、お土産を買いに外出。
職場のばらまき用に、ハニーバターアーモンドというお菓子に決めていたのですが、ホテルの目の前のコンビニには置いてありません。
Googleマップで「コンビニ」とか「スーパー」とか入れて検索し、何軒も回って、おいてあったのは2軒。
両方の在庫を全て買って、なんとか予定数量を調達しました。

2019021521


2019021522

それなりに時間がかかりましたが、今回は観光はしないでとんぼ返りなので、貴重な1時間強の町歩きの時間でした。
雪も降っており、ホテルに戻りました。
韓国の言葉が出来ないと、たかだかコンビニでの買い物でも大変。
短時間の体感では、東京都内で英語が通じないのと同じくらい、英語が通じないと思われます。

…というわけで、再度外出して食事をするのはあきらめ、英語でオーダーできるホテルのルームサービスを頼むことにしました(ホテルのレストランは営業時間外)。

この日は、8:50羽田発の飛行機だったので、当然、遅い朝食になります。
その前にラウンジで少しだけ食べてもいたので、ソウルに着いてお腹が空いてきたのは15:00を過ぎてから。
ルームサービスは16:00過ぎにオーダーし、20分後に来ました。
プルコギ定食を頼んでがっちり食べたので、20時開演のコンサートには、ちょうど良かったです(開演直前に食べると眠くなりますし)。

2019021523

18:00を過ぎてからホテルを出て、地下鉄を乗り継いでホールへ。
ちょうど帰宅ラッシュで、地下鉄は社内も構内も激混みでした。

ソウル・アーツセンターは、最寄り駅から15分くらい歩きます。
駅からセンターまでシャトルバスも出ているようですが、バスはハードルが高いので歩きました(夕方には雪もやんでいましたので無問題)。

2019021524

2019021525

2019021526

2019021527

ホールに着いて、予約購入してあったチケットをどこでピックアップするのか、あちこちのカウンターで英語で(すみません)きいて、チケットを受領して、「これで聴ける」とホッとしました。
実際は、ホールに入るのも、席に位置によって場所が決まっていて、右往左往しましたが…。

ちなみに終演は22:00で、ホテルに帰着したのは23:00でした。
当初の想定通り、コンビニでおにぎりを2個買って夜食。
海外でのソワレ鑑賞の時は、遅めの朝食、遅めの昼食、終演後にサンドイッチ程度の夜食、というのが私のパターンですが、韓国だとおにぎりが売っているのが嬉しい。
味もおいしいです。

2019021528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田→ソウル・金浦空港(2019/02/15)

羽田→ソウル・金浦空港(2019/02/15)

 

休暇を1日とって、羽田発8:50のANAでソウルへ。
時間的に、那覇に行くのと変わりません。
金浦空港到着は11時過ぎでした。

201902151

入国後、まずは両替で韓国ウォンを調達。
空港の両替はレートが良くないと言われてはいるものの、私が両替する程度の額では、差額は微額です。
日本円からではなく、2018年8月の旅行での残りのオーストラリアドルから。
外貨を日本円に戻してまた別の外貨に両替するよりは、海外に行ったときに、外貨から別の外貨に両替した方が良いかなと。

 

空港からは、タクシー、リムジンバス、地下鉄の選択肢がありましたが、ホテルのチェックイン可能時刻の14:00まで時間があるので、地下鉄で行ってみることにしました。
事前情報でわかってはいましたが、空港の到着フロアから駅まではかなり歩きました。改札近くの自動販売で「T money」というカードを買った後、自動販売機で10,000ウォンをチャージ。
日本円換算で1,000円くらいですかね。

 

韓国の言葉は出来ず、ハングルも読めない私には、併記されている英語表記が頼り。
どの線のどこの駅へ向かえば良いかはわかっていますが、「○○方面」というのはすぐにはわからず、路線図を見て確かめてから階段に向かうという…。

 

後でわかったことですが、地下鉄9号線は急行運転があり、途中で各駅停車の追い抜きがありました。
しかし、金浦空港駅ではそんなことは把握していなくて、来た電車に乗る人と、並んでいたのに乗らない人がいて「???」。
「もしかして、途中駅止まり???」。
結局、迷って、2本見送って、次に来た電車に乗りました。
結果的に乗ったのは各駅停車で、途中駅で急行に追い越されました(ということが、ホテルに着いてからネットを調べてわかりました)。

 

途中で地下鉄2号線に乗り換え。
乗換駅でも「○○方面」という表示を路線図と比較して階段を選択。
地下鉄は時間がかかる上に、こういうことをやっているので、時間がかかるわけです。
地下鉄2号線は、新しい9号線と違って、社内のモニタ画面に駅名は表示されません。
路線図と首っ引きで駅名を確認しながらの乗車でした。

 

さらには、駅に着いてからも、いろいろありました。
「T money」というカードを改札機にタッチしても出られなくなってしまいました。
エラーコードは韓英併記で、改札機に貼ってあり、すでに改札を出たことになっているようです。
しかも、完全自動で改札に駅員など居ません。
「ヘルプ」ボタンを押して読んでも来ない。
途方に暮れている私を見て、改札の外に居た一般の方(英語で会話しました)も駅員を呼んでくれましたが駄目。
その親切な方は、自分のカードをハンディーキャップ用の改札にタッチしてくれて、私を出してくれました。
おそらくその方は、後でどこかで駅員さんのいるところで自分のカードのエラー解除をしたのでしょう。

 

これも後でわかりましたが、おそらく、改札機タッチしたときに、緑ではなく、赤く光ったので躊躇して私が出場しなかったのが悪かったのだと思います。
すぐにそのまま通れば、何の問題もなく出場できたのでししょう。

 

…というわけで、「早く着いたらアーリーチェックインできるかな?」と心配していたのですが、ホテルに着いたのはチェックイン可能時刻の14:00ちょうどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2019/02/11)

2019年2月10日(日)15:00
NHKホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
NHK交響楽団

(第1906回 定期公演Aプログラム)
ヴァイオリン:アリョーナ・バーエワ

R.シュトラウス:ヴァイオリン協奏曲
ハンス・ロット:交響曲第1番

「鶏口となるも牛後となるなかれ」と申しますが…。
○○○○とかが「鶏」とは申しませんが…
やはり歴史に名を残した作曲家は「牛」だよねー。
その大作曲家の有名作品ではなく、例え初期の曲や習作であっても「鶏口」よりも「牛後」の方が上では?と思うことが良くあります。

この日の2曲は、まさに…。

R.シュトラウスのヴァイオリン協奏曲って、なんとチャーミングな!!
曲も、演奏も、こんなに愛らしい曲でしたっけ??。
この曲、昔、どこかの演奏会で聴くために、CDを買って予習した記憶があります。
記憶に残っていないと言うことは、CDも、演奏会も、さほど面白くなかったはずです。
よって、この日は、予習ならぬ、久しぶりの復習もしないで会場に足を運びました。
退屈することを覚悟で聴き始めたら、なんと、なんと、この魅惑の体験!

…という前半終了の時点で、「鶏口よりも牛後」と思ったのでありました。
そして、この時点で、「おそらく後半は、もしも長生きしたら、後年、「牛」になったかもしれない「鶏口」を聴くのだろうけど…と思いました。

ハンス・ロットの交響曲第1番は、なるほど、1作目で気負ったのか、色々詰め込み過ぎなんだよ、響きの薄い部分も所々あるし…という不遜なことを思って聴いていても、最後は大河の流れに飲み込まれるように感動して目を輝かせている自分がここに居るという。
マーラーへの影響などがプログラム冊子の解説には書かれていましたが、私にとっては、パルジファルをすら想起させる場面もあり…。
まあ、これをブラームスの所に持って行って評価してもらおうと思うのが間違っているよね、という…。
では、当時、ブルックナー以外の誰の所へ持っていけばいいのか…。

で、結局は、まだ「鶏口」だよね、続きがないのだから「牛後」にはならなかったわけで…。
そうは言っても、2曲とも、聴いて充足感を感じ、高揚した気分になった演奏会でした。

20190211n1

20190211n2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

マルク・アルブレヒト/新日本フィル(2019/02/02)

2019年2月2日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:マルク・アルブレヒト
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第599回定期演奏会トパーズ<トリフォニー・シリーズ>)

ブルックナー:交響曲第5番(ノヴァーク版)

機動性を追求し、炸裂させた演奏…と感じました。

分厚くもなく、スリムでもなく、中肉中背だけど運動能力は極めて秀逸。
重厚でもなく、しなやかでも筋肉質でもなく、室内楽的でもなく、ひたすら機動性。

たっぷり歌わせていたかと思うと、あっという間に加速し、吠える、吠える。
そして、突如、黙り、その一瞬の間の後、慈しみのように、静かに、感情たっぷり。

大型旅客機ではなく戦闘機…という比喩が良いかどうかわかりませんが、まさに変幻自在。
この変幻自在は、指揮者の豪腕から導き出された印象で、ある意味、オケを引きずり回した感もなきにしもあらずですが、NJPもそれに追従したのですから素晴らしい。

こういうブルックナーは、スポーツのような快感だよね…と思いしたが、よくよく考えてみると、「たっぷり歌わせていたかと思うと、いきなり吠える」は、ブルックナーの曲の本質かも…と、帰宅してから思いました。

終演後の客席は、けっこう好意的な反応でした。

201902021

201902022

201902023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »