« ノット/東響(2019/05/25) | トップページ | ヘレヴェッヘ/新日フィル(2019/06/01) »

2019年5月26日 (日)

ヴァイグレ/読響(2019/05/26)

2019年5月26日(日)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
読売日本交響楽団
(第111回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)
チェロ:ユリア・ハーゲン

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
シューマン:チェロ協奏曲
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番~サラバンド(アンコール)
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

在京オケにもう一つ、名コンビ誕生かもしれません。
私はヴァイグレさんは、東京春祭で1回聴いたくらいで、先入観はあまりなかったのですが、「ドイツ正統派とはこういうものだよ」と言わんばかりの音に驚き、

まずはマイスタージンガーの前奏曲。
何というオケの安定感!
どっしりと寸分の狂いもなく構築された演奏。
それが豪腕一辺倒などではなく、安定感を土台にして随所で微細なざわめきが上品なスパイスとして加わる。
(歌劇場のシェフという先入観にとらわれているかもしれませんが)歌劇場の舞台を想起させるような演奏、至福の約10分でした。

続くシューマンの協奏曲は、チェロ独奏のユリア・ハーゲンさんの美音に酔いました。
指揮とオケはソロを立てる側に回った感はありますが(音量も、チェロをかき消さないように抑え目?)、無表情の伴奏ではなく、音がしっかり作り込まれていてソロとオケが遊離しません。
これもまた、至福のひとときでした。

休憩後の英雄交響曲は軽快テンポですが、根底にがっしりとした土台のある聴いていて本当に心地良い演奏です。
もう、ピリオドか、モダンかの二択という時代は終わったのでしょう。

あまり仕掛けはしなくても、音楽自体が物語る…という正攻法でしたが、第3楽章のホルンが急にタメを作って、こってり歌い回して歌劇の角笛みたいになったり、第4楽章で弦のトップ4人だけになったりの仕掛けも土台あってこそです。

昔、歌舞伎役者の方のインタビューで、「型破り」というのは「型」が出来ているから出来ること、「型」が出来ていなくて破るのは「形無し」…という話しを聞いたことがあります。
ヴァイグレさんの演奏を聴いて、極一部の素晴らしい小細工(←ほめているつもり)の「型破り」は、「型」が出来ていいるからだよね~と思いました。

1回聴いただけで断言はできませんが、読響とは相性が良いかもしれません。
そして、こういう演奏が聴けるなら、ヴァイグレさんが振るプログラムがドイツ系偏重であっても構わないとすら思いました。

201905261 

201905262

|

« ノット/東響(2019/05/25) | トップページ | ヘレヴェッヘ/新日フィル(2019/06/01) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノット/東響(2019/05/25) | トップページ | ヘレヴェッヘ/新日フィル(2019/06/01) »