« 上岡敏之/新日本フィル(2019/07/20) | トップページ | ノット/東響(2019/07/27) »

2019年7月20日 (土)

ノット/東響(2019/07/20)

2019年7月20日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団
(第672回 定期演奏会)
ソプラノ:サラ・ウェゲナー
メゾソプラノ:ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
合唱:東響コーラス

J.シュトラウスⅡ:芸術家の生涯
リゲティ:レクイエム
タリス:スペム・イン・アリウム(40声のモテット)
R.シュトラウス:死と変容

リゲティとタリスで東響コーラスが歌いましたが、日頃は暗譜での歌唱が多い東響コーラスが、楽譜を手に持って歌った曲でした…ということが曲の複雑性を物語る??

リゲティのレクイエムは、断じて理解できたなどとは申しませんが、感じることはできました。
何と言いますか…。
サントリーホールの空間を異空間に変え、その空間を支配する曲。
1965年初演とのことなので、もう“現代音楽”ではないような気もしますが、私にとっては十分に斬新。
例えそうであっても、演奏の力というのは大きいもので、指揮者が本気で指揮し、オケや歌手が本気で演奏、歌唱すれば、聴衆の心を揺さぶるという…。

続くタリス(合唱のみ)は、一転して耳に快いメロディーですが、プログラム冊子によると、「ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス」×8パート=40声部とのことで、耳に心地良い均質感の中は、複雑な動きをした上での調和、という曲。

そして、R.シュトラウスは、静かな部分と激しい部分の対比が素晴らしい。

一見、無造作に4曲並べたようでいて、聴けば、起承転結ならぬ、起「転」「承」結になっているというノット・ワールド、with 東響コーラス!
飲み込まれてしまいました。

こうして聴いてみると、1曲目から4曲目まで、なんとなくつながってる感…だけでなく、もしも翌日の川崎定期も続けて聴けば(私は聴けませんけど)、4曲目のR.シュトラウスから1曲目のJ.シュトラウスⅡへもつながっているのでは?と思えた1曲めの演奏。
先入観のせいかもしれませんけど、なんとなく、楽しいだけじゃなく、もの悲しさを内包した演奏だったかもしれません。

20190720

|

« 上岡敏之/新日本フィル(2019/07/20) | トップページ | ノット/東響(2019/07/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上岡敏之/新日本フィル(2019/07/20) | トップページ | ノット/東響(2019/07/27) »