情報

2012年8月 3日 (金)

ピアニスト、ウルスレアサの訃報(2012/8/2)

演奏家の訃報から個人が受ける衝撃度は、有名度に比例しません。
大家であっても、自分にとっては「CDの中の、過去の名演奏家」である場合もありますし、さほど有名でなくても、自分にとっては大切な思い出の演奏会の演奏家であることもあります。
ピアニスト、ミハエラ・ウルスレアサさんの訃報は、後者の典型でした。

私がアジアの外へ出た経験は、人生でただ一度だけ。
2007年のゴールデン・ウィークのウィーンへの旅行。
そのとき聴いたコンツェルトハウスでの、ファビオ・ルイジ指揮、ウィーン交響楽団の演奏会でのソリストが、ウルスレアサさんでした。
曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番。
アンコールも2曲(曲名不詳)弾かれました。

そのとき聴いたウルスレアサさんのピアノは、速くも遅くもなく、まさに私のツボにはまったテンポでの演奏で、美しい容姿も相まって、私はすっかり魅了されてしまった。
いや、その美しい容姿にもかかわらず、落ち着いた立派な演奏だったと感じました。

その後、来日したこともあったのですが、私はそのときは聴きに行けず、結局、一期一会の機会となってしまいました。

ウルスレアサさんの訃報、享年33ということは、2007年の時は28歳前後だったことになります。
あまりにも若すぎる訃報。
「いつか、また聴ける機会がきっとある」と思っていましたが、それはかないませんでした。
寝ても覚めてもウルスレアサさんのことを考えていたわけではもちろんありませんが、ずっと覚えていました。

余談ですが、ウルスレアサさんが協奏曲を弾いたルイジ指揮/ウィーン響の演奏会の後半は、シューマンの交響曲第4番で、そのライヴ録音は、交響曲全集の1枚としてCD化されています。
CDを再生して、現地で聴いた体感がよみがえるわけではありませんが、このCDも、私個人にとっては大切な宝物です。

二度と訪れなかった、ウルスレアサさんの生演奏を鑑賞する機会。
ほんの数十分、偶然、時間と空間を共有したに過ぎないのですが、唯一無二の機会。
「無常」という言葉を改めて実感させられた、私にとっては、悲しすぎる訃報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

LFJ会場の雑感(2012/5/6)

近場で忙しく過ごすことを目論んだゴールデンウィーク。
インバル/都響新国立「ドン・ジョヴァンニ」ジルベルシュタインみなとみらいクラシック・クルーズ、までは計画通り順調でした。
しかし、横浜からの帰路に微熱と風邪の初期症状で、病院に直行することに。
早期受診、早期服薬で軽症で済み、翌日には平熱に戻りましたが、その後の予定は削減を余儀なくされました。

体調を無視して組んだスケジュールを強行することも一度は考えましたが、やはり無理はしないことにしました。
全面自粛ではなく、予定の削減…という折衷案。
削減対象公演は、多くがLFJ、あとは新百合ケ丘で開催されている「アルテリッカしんゆり」。
公演のチケットを買えなかった方には本当に申し訳ないことです。

自粛した公演の中で特に心残りだったのは、小曽根さんと児玉桃さんの「春の祭典」の2台ピアノ版。
一方、会場に向かう途中で、人身事故により電車が1時間近く止まり、強制的にカットさせられたのも「春の祭典」で、こちらは連弾。
同じ奏者たちで前日に「ペトルーシュカ」の連弾は聴きました。

それにしても、自粛して再認識したのは、(わかっていましたけど)LFJは、安いと思って次々にチケットを買うと、結構な合計金額になっている…ということです。
次々とクリックして、気がついたら…というビジネスモデルは、まさに「熱狂の費」。
あと、過密ダイヤが破綻したときの影響度は首都圏の鉄道網みたい。
もっとも、今回の破綻の原因は、私の健康管理の失敗と、新小岩駅での人身事故だったのですけれど。

ところで、今年は初めてG402という部屋(153席)で聴いたのですが、その印象は、部屋が小さければ良いというものではない…と言ったら言い過ぎでしょうか?
天井の低さ、近すぎる音源との距離感…。
もしかしたら、場所さえ選べばホールC(1494席)や、よみうりホール(1100席)の方が良いのでは?とさえ思いました。

天井の低さでは、822席が平面に配置されているホールB7も苦しい。
このホールは、何年か前に安い席、最後列で聴いて懲りましたので、今年は前方の端の方、NHKホールでのN響定期で言えば、1階B席のような場所で聴きました。
直接音は結構浴びることが出来たのでまずまずでしたが、「NHKホール1階B席とどちらが良い?」と問われたら、NHKホールの方を選んでしまいそうです。

今年も敬遠したホールAは、何年か前に最安席、2階席最後方で聴いて懲りました。
天井のスピーカの音を聴き、スクリーンの映像を見ながらの鑑賞。
これだったら、千葉マリンスタジアム(現、QVCマリンフィールド)で野球を見た方が、はるかに楽しい…と思いました。
ポピュラー音楽でもここでは嫌だ、と思いました。ポピュラー音楽のコンサートに行ったことはないのですが。
このホールの1階席前方、および2階席前方は未体験です。
一時は1階席前方挑戦を検討したのですが、風邪の病み上がりで購入前に削減対象になりました。
ツィッターで教えて下さった方がいらして、一階前方では、「PAが霞のようにかかっていて、奇妙に人口的に浅く綺麗な響きで、残念でした」とのことです。

小ホールの中では、今年は入りませんでしたが、昨年までの体験だと、ホールD7(221席)は結構快適に聴けた印象があります。
G409(153席)、ホールB5(256席)、相田みつを(110席)は、いまだ足を踏み入れたことがありません。

これも昨年までの体験からですが、ホールC(1494席)の3階席は、結構良かったと思います。
ツィッターで教えて下さった方がいらして、2階席前方も、まあまあ…とのことです。
前方は“雨宿り”にはなっていないそうです。

今年の私のLFJ鑑賞は、いろいろあって、2公演のみで終わりました。
(チケットはもっと買いましたが…。)
しかし、ゴールデンウィーク全体で言えば、都響東フィル新日フィルがサントリーホールで公演し、新国立のオペラもあったので、良いゴールデンだったと思います。
来年は、あまり熱狂せず、冷静に公演と会場を選びたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

ゲルハルト・ボッセ氏逝去

ボッセ氏の訃報に接し、悲しい気持ちでいっぱいです。

実は、つい先日、2012年1月27日の大阪フィル定期演奏会は、当初ボッセさんが指揮すると発表されており、私も関東から聴きに行く予定でした。
一回券発売日にチケットを購入し、航空券や宿泊予約もしてありました。

結局、ボッセさんは指揮することが出来ず、私自身もインフルエンザに感染してしまい、病み上がりであったため、遠征そのものを取りやめたばかりでした。

2012年12月、都響の年末の第九を指揮することがすでに発表されており、心から御快復をお祈りしていたところです。

御冥福をお祈りするとともに、生前、素晴らしい音楽をありがとうございましたと、感謝の気持ちでいっぱいです。

以下は、私の、ボッセさんの指揮した演奏会の鑑賞記録です。
諸般の事情により、ずっと追いかけられていたわけではありません。
でも「次の演奏会」を楽しみにしていました。
しかし、「次」は、もうありません。
合掌。

■新日本フィルハーモニー交響楽団(1990/11/18)
 カザルスホール
 ハイドン:交響曲第91番
 ハイドン:交響曲第92番
 ハイドン:交響曲第93番
 ハイドン:交響曲第92番~第4楽章

■新日本フィルハーモニー交響楽団(1999/2/7)
 カザルス・ホール
 ハイドン:トランペット協奏曲
 ハイドン:協奏交響曲
 ハイドン:交響曲第104番

■東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団2007/9/20

■東京都交響楽団2007/10/30

■札幌交響楽団2007/12/7

■札幌交響楽団2007/12/8

■神奈川フィルハーモニー管弦楽団2008/1/25

■新日本フィルハーモニー交響楽団2008/02/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

スクロヴァチェフスキさんの後任

スクロヴァチェフスキさんの後任は、スクロヴァチェフスキさんでした。

4月18日の定期演奏会は、私は開演直前に会場に到着したので、プログラムを一切見ないで演奏を聴き、家路につきました。
家に帰って先に演奏会の印象を書きましたが、その記事にトラックバックをいただき、スクロヴァチェフスキさんの任期延長のお知らせがプログラムに挟まれていたことを知りました。

スクロヴァチェフスキさんの読響常任の任期は当初2年で、2009年の3月で終了。
…ということは、後任はいつ頃発表になるんだろう?
後任は下野さんが昇格?
それともテミルカーノフさんとかヴァンスカさんとか、馴染みの指揮者が常任?
それとも、まったく未知の指揮者が?
スクロヴァチェフスキさんの後任は、それ相応の人でないと納得できないかも。
…と、勝手に想像たくましくしていましたが、スクロヴァチェフスキさんの任期1年延長が決まったとのことで、私個人としては大歓迎です。

読響のHPにもお知らせが出ているそうです。

確か、就任の際に「若い、良い指揮者が見つかるまで…ということで引き受けた」と言うようなインタビュー記事があったような気がします。
来年の今頃には発表になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

小澤/新日フィル曲目発表、コバケン/都響中止

新日本フィルのHPで、5月の特別演奏会(小澤征爾さん指揮)が発表になりました。

■新日本フィルのHP
http://www.njp.or.jp/njp/information/index.html#080128

…と思ったら、こんどはの10月の都響定期(小林研一郎さん指揮)の中止が発表され、驚きました。

■YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080201-OYT1T00593.htm

■都響のHP
http://www.tmso.or.jp/j/topics/index.php#20080201

ウィーン国立歌劇場来日公演のチラシの、
『会場:東京(会場は追って発表いたします。)』
という文章の理由は、これだったのでしょうか?

読売の記事には、ウィーン国立歌劇場の前に“小沢征爾さんが音楽監督を務める”という枕詞がついていますが、ダブルブッキングしたのは、ムーティさん指揮の「コシ・ファン・トゥッテ」の日ですね。

(URLは2008年2月2日現在です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

神奈川フィル・シュナイト音楽堂シリーズ(2008年度)

神奈川フィルには、横浜みなとみらいホールでの定期演奏会
http://www.kanaphil.com/info/info20071120.html
の他に、シュナイト音楽堂シリーズがあります。
神奈川フィルのHPにはまだ掲載されていないようですが、神奈川県立音楽堂のHPには、4~6月の予定が掲載されていました。
曲目の全ては発表にはなっていませんが、シューマン・ツィクルスは興味津々です。

2008年4月12日(土)
http://www.kanagawa-ongakudo.com/event/event-37321.html

2008年5月10日(土)
http://www.kanagawa-ongakudo.com/event/event-37322.html

2008年6月7日(土)
http://www.kanagawa-ongakudo.com/event/event-37323.html

なお、次回は3月ですので、3月から6月まで4ヶ月間、毎月シュナイトさんの指揮が聴けることになります。

2008年03月08日(土)
http://www.kanaphil.com/perform/perform.cgi?mode=search&n=1&c=1&id=269

なお神奈川県立音楽堂は、2008年9月から2009年3月まで耐震補強工事で休館とのこと。
(7月、8月に公演があれば別ですが)6月の次は早くても2009年4月以降になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

2008年度のラインナップ

■首都圏の“4月始まり”のオーケストラの年間プログラムがWEBでほぼ出そろいました。
(URLは2007年12月16日現在)

東京交響楽団
http://www.tokyosymphony.com/concert/suntory2008.html

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
http://www.cityphil.jp/concert/2008list.html

東京都交響楽団
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/by_series/list.php?series_code=1&series_year=2008

東京フィルハーモニー交響楽団
http://www.tpo.or.jp/japanese/ticket/08season.html

読売日本交響楽団
http://yomikyo.yomiuri.co.jp/season2008.htm

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
http://www.kanaphil.com/info/info20071120.html

(N響、新日本フィル、日本フィルは“9月始まり”なので除いています。)

私が定期会員になっている東京交響楽団以外では、私は、やはり読売日本交響楽団が気になります。また、神奈川フィルの曲目もなかなか意欲的だと思います。

■首都圏以外でも、私が気がついた範囲で、以下の情報がWEBで公開されています。

名古屋フィルハーモニー交響楽団
http://www.nagoya-phil.or.jp/P030610_0903fischer.html

大阪シンフォニカー交響楽団
http://www.sym.jp/news/0709pro.html

大阪センチュリー交響楽団
http://mic.e-osaka.ne.jp/century/

関西交響楽団
http://www.kansaiphil.jp/concert/subscription2008.html

個人的には、児玉宏さんが音楽監督に就任された大阪シンフォニカー交響楽団の曲目に惹かれますが、私は関東在住なので気軽に聴きに行くわけにはいきません。
NHK-FMで放送していただけると良いのですが…。

なお、先日聴きに行った札幌交響楽団のプログラム冊子には、すでに2008年度定期演奏会の予定が掲載されていました。
おそらくWEBには載っていなくても、すでに決定している楽団が多いかもしれません。

札幌交響楽団では、ハンス=マルティン・シュナイトさんが客演し、神尾真由子さんがソリストとして登場する2009年3月に注目しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

神奈川フィルの2008年度

昨日定期会員の方から「来期への継続案内」を見せていただき、プログラムに大変興味を持ちましたが、帰宅してホームページを見てみると、早くも来年度のラインナップが掲載されていました。
(他のオケでは、発表になっていても、まだホームページには掲載されていない楽団が多いです。)

http://www.kanaphil.com/info/info20071120.html

音楽監督のシュナイトさんは9回中3回登場。
高齢なのにこの頻度で日本に来てくれるのを感謝すべきでしょう。
(読響のスクロヴァチェフスキさんもそうですが。)

リムスキー=コルサコフ/交響曲第2番、ヒンデミット/交響曲「画家マチス」、エルガー/交響曲第2番、コープランド/交響曲第3番など、名曲路線だけではないプログラミングも好印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

都響の2008年度

東京都交響楽団のホームページに、2008年度のシリーズが掲載されました。
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/by_month/

プリンシパル・コンダクターに就任するエリアフ・インバルさんの登場が結構少なくて意外でした。
定期演奏会では、4月のA、Bシリーズでマーラーの8番を振りますが、その後は2008年3月でBシリーズのラヴェル・プロのみ。
それ以外では、2008年3月のプロムナード・コンサートを振るだけです。

レジデント・コンダクターに就任する小泉和裕さんも意外に少なく、定期は5月のAシリーズのみ。
あとは11月に、プロムナード・コンサートと東京芸術劇場シリーズを振るだけです。

その他、私の注目としては、9月の東京芸術劇場シリーズを大野和士さんが振ることと、10月の定期Aシリーズで小林研一郎さんがスメタナの「わが祖国」を振ることくらいでしょうか。

結構私があまり名前を知らない指揮者もいて、どういう人たちなのか、調べてみる必要はあるかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

読響の2008年度

読響のホームページはまだのようですが、昨日のコンサートのチラシの中に「2008年度の読響」のパンフレットが入っていました。

シリーズによって多少異なりますが、定期演奏会について見てみると…。

常任指揮者のスクロヴァチェフスキさんが4月、9月、2009年3月の3回登場です。
(もしかしたら2009年度の1回分が2008年3月に回ってきたのかもしれませんが…。)
それから2年に1回来演と予告されていた桂冠指揮者のアルブレヒトさんが7月に登場します。
正式者の下野竜也さんは5月と10月の2回の登場です。
客演では、日フィルの主席に就任したラザレフさんが6月。
ヴァンスカさんが今年に引き続いて11月。
広上淳一さんが12月、上岡敏之さんが1月に定期のみに登場。
ヴァシリー・シナイスキーさんが2月に登場です。

定期以外では、年末の「第九」がギュンター・ノイホルトさんです。

相変わらず目移りしそうなラインナップです。
スクロヴァチェフスキさんがブルックナーの0番、1番、2番、5番を振るのも興味深いですし、広上さんがシェーンベルク編曲のブラームス:ピアノ四重奏曲を振るのも私は楽しみです。上岡さんは曲目が全部は発表になっていませんが、「ばらの騎士」組曲も期待できそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧